最近は テレビ番組を観ることが 激減しています。 
観てるのは、録画設定してある 朝と夜の経済ニュースくらいかなぁ。
あと たまに 興味ある特集とか。

ドラマは、海外ドラマが好きなので Amazonプライム  ネットフリックスで 鑑賞しています。

今年の春から、コロナ自粛で 暇な時間が増えたので、ネット動画・YouTubeを かなり観るようになりました。

ネット動画・YouTubeを 観ながら 時代の流れの早さや 変化を 実感しまくっています。

有名人同士のコラボ対談動画なんかも楽しんで観ています。 
対談や 単独での しゃべり系の動画は、テレビ配信よりも ネット配信の方が、対談者 各々の発言が 自由で 面白いんですよね。

ネットの世界は テレビ出演と違って、所属事務所の規制や 局へ忖度が 少ないのでしょう。。。

芸能人や芸人さんが 所属事務所を離れ、テレビから ネット配信へと、組織から 個の時代へと なってきてるんだなぁと 思いました。

色んな縛りがなくなって 自由な発信は、観る側としても楽しいのだけれど、
これって 酷くない? というのも 単独しゃべり系では 多々見かけます。

変化に柔軟でありたいし、自由も愛するけれど、
行き過ぎる のは。。。


そう言えば、先日の都知事選 街頭演説で、ホリエモン新党の N国のパフォーマンス?
あれは 無い って、思いましたね。

なんなんでしょう。 ・・・ふざけすぎてる。

法に触れないからと・・・あそこまで 自由なのは、どういった計算が働いてるにせよ 馬鹿馬鹿しい。

あと、それとは別に 気になるが
面白おかしくして 視聴者数を稼ぐための 炎上商法的な 発信も 不快感を覚えることが あります。
人のことを クサしまくる発信は・・・内部同士の やりとりなら それも演出なんでしょうが、
外部の人に関する 容姿を こきおろす発言は、嫌悪感を感じたり。

別にPTAのおばさんに なってるのじゃ無いのですが、年若い人も 観るわけじゃないですか。 
批判と誹謗の区別がつかない年代層は、それらの発信を どうってことないこととして、
面白いと 受け止める人間になるかと考えると 不安になるんですよね。

際限なしの自由は 嫌だなと。

自由な発信、自己ブランディング・・・正しくて 何が悪いのか 判断がつかないことが 沢山 出てきて、今は 混沌としてるなぁとも 思います。

面白さが増える反面で、受け入れられない世界観も あるなぁ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ