1つ前の記事に 少し触れてますが、本日 帯状疱疹ワクチンを受けてきました。

忘備録のため もう1度!

2022年 7月1日 帯状疱疹の生ワクチンを受けてきました。

生ワクチンなので 次の接種は 5年後の 2027年です。


帯状疱疹ワクチンには 現在2種類のワクチンがあり、

生ワクチンシングリックス(不活化ワクチン) が あります。

シングリックスの方が 発症予防効果は高く、効果持続年数も長いので、
オススメなのは シングリックスです。


費用は 生ワクチンが 8000円前後に対して、
シングリックスは 1回 20000円〜で、2ヶ月後に2回目の接種が必要で
合計 40000円〜50000円前後の費用が必要です。

生ワクチンは 1回で完了します。

お住まいの自治体によっては 補助金制度があるかもなので、調べてみると良いと思います。

私もシングリックスを打ちたかったのですが、
行きつけのクリニックでは 生ワクチンしか取り扱いしてなく、
独自の判断で 50代のうちは 生ワクチンでも 良いかなとも思いました。

ただ、近い将来に 近隣の病院で シングリックスを取り扱うところが増えてくれると
良いなぁと思ってます。切望してます。


50代の方には 是非とも お目を通して頂きたいです → 帯状疱疹

ご自身の体質的に 注射が問題なければ (医師の診断のもとで)、
帯状疱疹のワクチンを接種することを 私は オススメしたいです。

私は実の母親が 数年前に帯状疱疹を発症し、
母親は 足に出たのですが、見て 悲しくなるほど 湿疹も酷かったし、
神経痛もあり 辛そうでした。

それまで、帯状疱疹という病気があることは知ってましたが、
実際には どんな症状なのか 解ってませんでした。

発症する人が多いということも 意外でした。50代から3人に1人とか。

生ワクチンを接種することで、帯状疱疹に かからない ということでは 無いですが、
かかった時の症状や後遺症を 軽減する効果があるそうです。

皮膚に湿疹が出来ると、高齢になるほどに 痕が残りやすいです。
虫さされの痕だって 中々 消えません。

前もって予防できるなら、予防した方が良い という考えです。

帯状疱疹に限ったことでは無いですが、
病気になると 時間も お金も 気力体力、精神も消耗するものです。

高齢になると1つの病気が 他の病気を引っ張ってくることも多々あります。

出来るだけ 健康に 年を重ねていきたいですよね。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 美容ブログへにほんブログ村 美容ブログ スキンケアへにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ