主婦をカテゴリーで分けてみると、
専業・兼業・パート
子供あり・なし
大きく分けると こういったところでしょうか。

それと 住まい環境は、
一世帯暮らし・二世帯同居
都会・田舎・地方都市
世帯や住む場所でライフスタイルに違いはあるかと。

で、私はと言えば・・・

  子供のいない専業主婦で時々 家業手伝い。
  田舎暮らしで夫の両親と同居生活。

同居とは言え、義両親と食事は別、
用事がなければ2階に引きこもってるので、
四六時中 顔を合わせることもなく  → 徹底してます
ほぼ二世帯暮らしと言えるかもしれません。

かなり田舎ですが、交通のアクセスが良く、都市部への移動はスムースです。
  

なんだか お気楽そう~ですよね。
とこらが・・そーでもないのですよ。→ 思ってるのは自分だけ?

    ( ̄‥ ̄)=3 フン


子供がいないので、私には子育ての大変さはありませんが、
夫は再婚でして前妻との間に娘が2人います。まだしばらく養育費も教育費もかかり、
私達は、アラフィフ夫婦でありながら、老後の見通しが見えてきてません。


家業は 零細ですので、年中無休です。
それで 電話・来客応対、ちょっとした雑用もあり、
家を空けることは出来ないので、出かける時は 姑の了解が必要です。
(私か姑のどちらかが在宅してないといけないので)

そんな事情から、引きこもりのように在宅してることが多く、
暇ーーな時間は、たっぷりあります。

お勤めに出ながら 家事も育児もこなし、家計を助け、
頑張っていらっしゃる主婦の方が多い今の時代を考えると、
時間に追われることもなく、夫の収入で当面の生活は成り立ち、
やはり私は、自分を お気楽・暇人主婦と認識することも大事だと思ってます。

今のところ、他人様から  お気楽で良いわねーと、面と向かって言われることはないですが、思われてるかもしれません。

ただ、自分でお気楽・暇人主婦と自覚しておきながら、それを誰かに指摘されると、
否定したくなる自分も本音です。

暇な時間を 自分の為に有効活用できてるワケじゃないし、

自営業の先ゆき不安もあるし、

経済的なことだって不透明、

そんなことを言ったら、誰だってキリがないのは分ってるのですが・・・。

現在 私は48歳で、女性の平均寿命の半分以上も生きてきました。
この先の残りの人生を、悶々と不安を感じながら生きていくのはシンドイです。
どうしたら不安が軽減するのか?ただ今 手探り状態なのです。


いつ どのタイミングで 何が起きるか なんてわからない。

常にそう覚悟して 心の準備、できるだけ物理的な準備もしておきたいです。

遅くに結婚して、気がついたことは、
人生は、自分だけの想いや努力だけでは、コントロール出来ない
そのことを痛感しました。

結婚 自体がリスク、はたまた長生きがリスク 
そうならないように したいです。