稼ぎ手が夫のみの生活というのは、先のことをアレコレ考えると、とても不安なものです。
特に我が家の場合、何の保障もない自営業ですので尚更です。

老後に備えて、もっと貯蓄額を増やしたいと思っていても、
これまた我が家の場合、80歳近い義理父が、会社も家庭も財務を握っているので、不明点や見えないことも多すぎて、
毎月の生活に困ることはなくても、私達夫婦の将来設計が立ちにくい。
もはや老害としか思えず、困ったものですが、何度 揉めても事態は変わらないので、
現状でやっていくしかないという情けない状況です。

私に収入を得るスベがあったなら・・・
しかしながら不定期で家業の手伝いもあり、簡単に家も空けられないので、
私が働きに出るということは、が現実性のないことなんですが、
ちょっと妄想で、働きに出てる自分を想像してみました。
兼業主婦してる私ということです。

この田舎での求人状況を考えると、働かせてもらえる職場が無さそうなので、
通勤に片道1時間かかる街で働くことを想定します。
私のスペックや性格、現在の体力を考慮すると、
1日4,5時間程度で週に3,4日というパートが精一杯でしょう。
収入にすると月に5~6万円にもなるでしょうか。仮に5万円とします。

パートの帰りに、スーパーに寄って食材、惣菜を1品くらいを買って1時間かけて帰宅することになると思います。
往復2時間の通勤だけで体力が消耗するような・・・。

夫の昼食は家食が基本ですので、簡単なものでも準備しておかなければ、
義両親の手前、私がいたたまれなくなるのは想定できます。

勤めに出るとなると、パートだとしても、メイクもするし通勤着だって何点かは、シーズンごとに購入すると思います。
今現在、ノーメイク、部屋着に毛のはえた普段着なので、
そんなに出費してません。独身時代の頃の5、6分の1程度です。

家業の仕事が入る日は、パートのシフト変更の申請もしなくてはならず、
それも都合がついたにせよ、肩身が狭い思いになるでしょう。

それらを想定すると、
お惣菜、メイク、衣服費の出費が、3万くらいは増え、
5万円から引くと、2万円くらいが手元に。

時間と体力と気持ちを消耗して、月に2万円程の実質収入。

年間にすると2✕12で24万円を貯蓄に回せるのは馬鹿にできませんが、
それも計算通りなら・・・という仮定に過ぎません。

気合をいれて、兼業生活のリズムを頑張って整えて、極力出費を抑えて・・
と想定しても、私の負担を考えるとそれは苦行になりそうです。

独身生活の頃とは違い、マイペースではいられません。
独身であれば、疲れて帰宅して、何も食べずに寝る、もしくは食べて帰る。
洗濯・掃除は週末にまとめて、と出来ましたけど、
家庭をもったら、そうはいきません。
それを やってしまうと夫のストレスも義両親からの非難も・・・。

今現在、子供がいない専業主婦の私が、理屈抜きでワーキングマザーに引け目を感じてしまうのは、
子育て、家事、仕事の3つの大きな役割をこなすということの負担の大きさを想像してしまえるからだと思います。

私には、とうてい無理です。

今の夫の職業では、兼業主婦では、家業の裏方は成り立たないし、
サラリーマンだったとしても、んーーー。

きっぱりと余計な考えを捨て、専業主婦でいた方が、うまくいきそうです。
私が夫と対等な収入を得られるなら話は別ですが、
いくら妄想でも、そこまで現実味のないことは想像できません。

しっかしなぁ~・・・。
この先は次回に。