染毛剤のジアミンによるアレルギー(接触性皮膚炎)を発症してから、
病院の薬は真面目に服用していましたが、それと同時に早く治したい一心でサプリの服用もしていました。

粘膜や皮膚や頭皮、髪の毛まで良さげと思われるものを調べて取り寄せました。

整腸剤、亜鉛、ビオチン、ビタミンC、ビタミンB群、コラーゲンドリンクも。就寝前にはトマトジュースを1缶飲んでリコピン摂取。

頭皮の症状や、顔の腫れが治るまで かなり時間がかかったので、それらのサプリやドリンクが実際に効いていたかどうかは謎でした。

ただ、頭皮や腫れ以外で、効果を実感したことがありました。

お肌がつるつるに!! 
顔が腫れていたので、スキンケアは全くせず、毎日 洗顔のみでしたが、
ビオチン?ビタミン剤?トマトジュース?何が一番効いたのか???
腫れていながらも、お肌はキメが整い、つるつるになっていきました。

それと 毎日 快便!!
整腸剤は、ミヤリサンを飲んでいました。
ミヤリサンの主成分は酪酸菌というもので、酪酸菌が私の腸に合っていたのですね。毎日スッキリ快便になりました。
ビオフェルミンなどの乳酸菌は、ここまでの快便にならなかったです。
今でも、ミヤリサンは私の常備薬になってます。

強ミヤリサン 錠(1000錠入)【rank_review】【HOF01】【ミヤリサン】【送料無料】

自分の腸に合った菌で、菌活すべしですね。

今となって振り返ると、
突然のアレルギー発症で、お岩さんになり 絶望的な気分になりながらも、
積極的に治そうと必死になっていた自分が頼もしく思えます。

そうそう、アラフォーくらいの年代から、白髪染めの頻度は高くなると思いますが、
もし 白髪染めした後にでも最中にでも、頭皮に痒みや、ポツポツと頭皮湿疹などの症状があったなら、
使用してる白髪染めを考え直して下さい。私は、アレルギー発症する前から、そんな症状がありました。

もっと頭皮に穏やかなヘアカラートリートメントやマニキュアで白髪対応した方が、アレルギーの発症を未然に防ぐことになります。

ヘアカラーの成分は、やはり刺激物です。決して、健康上 良いものではありません。目に見えるダメージはなくても、
経皮毒となって体内に蓄積されていくことも考えられます。特に頭皮は吸収しやすいようです。

健康な身体が美しさのベースです。