今から5年前のことです。(2013年の時)

自宅で白髪染めをして(一般的な市販の白髪染)、
その翌日に、右マブタが上も下も腫れあがり、片目がお岩さん状態になりました。

前の晩に、白髪染めをしてから、頭皮が異常に痒く、頭皮が部分的にブヨブヨしていたので、
右マブタが腫れた原因は、白髪染めだろうと確信してましたが、
その日は何かとバタバタしていて、その日のうちには、近郊の病院まで行かなかったのです。翌日に行こうと思ってました。

翌朝、起きた時、なんだか顔も頭も、皮膚が引っ張られてるような違和感を感じて鏡を見ると・・・顔も首も右半分が腫れあがり、昨日より腫れてる範囲が広がっていて、洗顔を終えてすぐに、 病院へ。

診察の結果、白髪染めの成分のジアミンによるアレルギー性接触性皮膚炎と言われました。

診察の時には、(染めてから約48時間後)
更に左マブタまで腫れは広がり、頭皮からは黄色のベタベタした液体が出てきてました。時間の経過とともに、症状が悪化していったのです。

病院(皮膚科)で、飲み薬と塗り薬(どちらもステロイド)を処方してもらい、
顔面 お岩さん状態の、頭皮からは、黄色い滲出液を流して(タオルでおさえましたが)帰宅しました。

診察の時、ドクターから強く、ジアミンを含む染毛剤は今後、使用禁止と言われました。
繰り返すごとに、発生する症状は重くなり、アナフィラキシーショックを起こして命の危険まで及ぶそうです。

それからは確か、2週間ごとの診察で、
状態を診てもらい、薬の強弱(ステロイドの強さ)を変えたりしながら、
治るまで三か月弱 通院しました。

治るまでの過程では、

身体に小さな湿疹が大量に出てきたり(お腹から腰と背中にかけて)。
これは自家感作性皮膚炎というらしく、接触性皮膚炎が原因となるらしい。

頭皮から出てた滲出液は、しだいにカサブタになったり。

顔面の腫れは、なかなか引かず、2週間くらいお岩さんで。

治りが遅い不安とストレスが原因なのか?顔の生え際だけだったはずの白髪が、
後頭部も白髪になり、白髪が大量に増えていった。

頭は白髪だらけ、顔はお岩さん、身体は大量発疹で、かなり鬱々とナーバスになって過ごした3か月でした。

自家感作性皮膚炎は、けっこう長引いたけれど(半年以上)、
ゆっくりと顔の腫れが引き、頭皮のカサブタが剥がれて皮膚も再生していきました。

治りましたね。とドクターに言われた時は、ホント安心しました。
良かった~って。辛かった~。



続きを読む