夫が出張などで留守が嬉しい専業主婦は、私だけかしら?

居ないと、(・∀・)好きなように時間が使える →子供のいない専業主婦なんて毎日 自由な時間だろうと、言われそうですが、そんなことも無いのです。

あ!お勤めにでてらっしゃる方よりは、時間があることは認めますよ。

しかし、時間があること イコール 自由な時間がある では無いのですよ。

夫の留守は、食事の献立も時間も、自分好み。
      買い出しも必要無しか 、近場で適当。
      片付け物が減る。
      生活音が静か。

      ブログを書くのに集中できる☆
               嬉しいったらありゃしない ( ̄ー ̄)ニヤリッ

ざっと説明しますと
うちは  ほぼ3食準備なんですね。家が職場みたいなもんなので。
夫は、お昼がボリューム満点の時、夜は 軽く済ませようというのは不満。

けっこうな田舎町なんですよ ここは

良いお肉やお魚、ちょっとした好みの調味料なんかも、近場では売ってないので
車で1時間ほどの街へ買い出しか(私は運転免許なし)お取り寄せになるのです。

もちろん、 ありふれた家庭惣菜なんかは、近所で調達した食材でつくれますが、
夫は わりと口が贅沢なんです。
私も美味しいものは当然好きですけど、家食と外食とで望む料理と食材は別と、
田舎に嫁いでからは割り切ってます。

で、これまた同居の義理両親が、口がこえてるんですね。
(同居スタイル→ 一階に舅と姑、二階に夫と私。
キッチン トイレ 洗面所は、一階と二階は別 お風呂は一階で共有)

口がこえて美味しいもの好きの義理親は、
姑が料理上手で、一通りの料理は躊躇なく上手に作ります。
これは、田舎に暮らす70代の専業主婦(姑)という立場環境をもとにした私の見解です。
洋食、中華系はもちろん 海の無い町でも魚介類の下処理から調理、
旧式から比較的新しい調理道具も揃え それなりに使いこなし、味付けも年齢の割に偏りがありません。
舅と息子の食の好み最優先で食事を整えてきた女性です。

ついでに一階のキッチンカウンターは18年前からのものでも、広くて立派で、おまけにスッキリキレイ。近所でも几帳面で料理上手と評判の姑です。

舅は、食材の買い物が趣味みたいなところがあり(姑の買い出し負担を減らす気づかいもあるかな)、お取り寄せや、出先で食材を自ら選んで買ってくるので、材料調達は田舎でもそんなに不便は無いと思われます。

そんな食事環境を50近くまで親に与えてもらってた夫です。

ここで捕捉説明
 夫バツイチで、前の嫁さんは新婚時代からうつ病になり、
 それから離婚、再婚に至るまで、夫は姑の料理で生活してきてた。

話を戻します。

そんなこんなで、夕食に手を抜くと、不満な気持ちを隠しきれない夫。

超マイペースな私でも、そこを感じ取ると・・食事のことだけに いたたまれない気分になったりする反面、

ほんとっ、これだから過保護に育った田舎の長男は・・・・とか
いい年した夫婦なんだから毎夕食 ご馳走じゃなくても・・・とか
外食も不便な田舎って・・・とか
しまいには、一階(義理両親)と二階の私たちとでは、食費にかけられる予算が違うんだし、
食材調達もお義父さんがマメにやってくれて、調理するだけのお義母さんより、こっちは面倒なのよっ・・それに高い食材は簡単調理でもそれなりの一品になって満足度が高くて当たり前じゃん・・・と開き直り、モヤモヤ気分。


そんな葛藤が週に1度は生じるので(手抜きしたい頻度が多すぎか?)
夫の不在は、気持ちも労力も、

もう楽で楽で(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

ん。。。。。こんなことで葛藤があること自体、専業主婦としても、人としても
私が未熟で自分本位だからなんだろうな。


ブログって、自分自身で明らかにしてなっかた胸の内を書き出すことで
認識できたりできるので、
頭の整理ができないアホな私には、良いかもしれないですね。


さてと、はぁ~っ ようやく ようやく 本題に突入です。

ブログを開始して1週間くらい経過したのかな~。
ワープロ経験無し、電話は今だガラケー、ITド音痴、
関連の説明書(って言うの?)に書かれてる用語さえチンプンカンプン。

あ!パソコンは、そんな私でも自分専用のノートパソコンです
豚に真珠!? いーえ、そうでは無く【必要】なんです。
住んでるところが田舎過ぎて、ネット生活は不可欠なんです。もっぱら銀行、ショッピング、調べもの専用に使ってましたが、
ブログを読む娯楽を覚えてしまいまして・・・。

へたな専門書よりも解りやすいブログ、
へたなエッセイよりも面白くて笑えるブログ、
田舎の交流では得られない情報の量と質。

とっても助けられています。

悩んでいたというか、焦っていたんですよ。実のところ。

結婚で、仕事からも交友関係からも、愛すべき地方都市からも離れて、
40過ぎて全く知らない田舎町での結婚生活。
周りは、高齢者ばかり。ガラパゴスという言葉が浮かびました。

今の時代になっても、年代や住むところで、こんなに価値観に違いがあるものかと。
だからと言って、そこで暮らしてきた人たちを馬鹿には出来ません。
素敵な老人もいますからね(見た目じゃなくて)
目からウロコ、そんなことも多々ありますよ。良い意味で。

でもやはり、最新の情報量は入手に限りがあります。
感性も愚鈍になりつつあります。
田舎生活、同居生活のストレスもうまく消化できなくて
それは、私の思考や行動が そうさせるんだと、指摘されると仕方ないのですが、
そういう私なんだから ショーがないです。
相変わらず開き直りのパワーだけは全開ですが、
そんなこんなで、無謀にもブログを始めてみようかと。

夫にも誰にも内緒です。
なので、パソコンのキーを四苦八苦して打ってるところは、見られると嫌なので、
夫が寝てからブログを書いてましたが、
深夜の四苦八苦作業は、アラフィフの私には疲れるんですよ。
家事に影響が出るくらいに。

今日から三日間😊夫が留守 も最高のブログ作成環境ですっ (*´∇`*)

喜んで文字入力と格闘します(早よ慣れぇや)