こういうことを書き出すのも、いかがなものか。
夫に言うのも、お互い嫌な気分になるし、吐き捨てたい気持ちもある。

うん。書こう。毒出しだ。

北海道 まだ余震があったり、断水、停電の地域も。
どんなに心細いことか、持病をかかえてる人も大丈夫なのか。

有難いことに、いつもと変わらぬ暮らしをしている我が家。

今日の午前中、玄関付近で、同居の姑と顔を合わせたのだが、
お出かけなのか・・周期的に美容室かな? 軽やかな表情と足取り。
いや別に、どちらへお出かけしようが、明るい表情も悪いことじゃない。
むしろ良いことです。

ただね・・・
気にくわない嫁だとしても、長く生きてきている大人の配慮や良識として、
北海道のご両親 大丈夫なの?連絡出来てる?
そんな 一言くらいあっても普通じゃないかと思うのだけど、
まぁ、この人には、そんなこと(そんなことじゃ無いですけれど)関係のない話よね・・・そういう人だもの。

一事が万事 そんな感じです。

自分の事や、溺愛する息子達(夫とその弟)の事になると、
たとえ かすり傷でも大けがのごとく、
夫がちょっと朝寝坊したならば、具合が悪いのかと、私を問い詰め・・・
これといった持病の無い姑だが、自慢のごとく病弱アピール。
私が体調崩した時は、何事もないかのようにスルー。

色々と、こんな感じですよ。気に留めてもキリがない。

気にしな~~~~~いっ。

独身の勤め時代、お正月休み前の仕事納めで乾杯の後、
仕事仲間に、実家に帰省でしょ、気を付けて帰ってね!とか、
正月明けに、ご両親お元気だった? というような言葉をかけてくれる人に、
何でもない他愛のない事だけど、なんか温かいものを感じたり、
会ったことも無い私の親の安否をたずねてくれることに、
さほどプライベートまで親しくしてない同僚だとしても、
大人の配慮みたいなものを感じたものだった。

案外と、帰省する実家がない人(地元の人、実家が近く)って、
若いせいもあるかもだけど、そんな言葉をかける発想がない人は多いもの。

まだまだ 気づけていなかったり、未熟さゆえの配慮無しのところ
私にも あると思う。
さりげなく、ちょっとだけ温かい気持ちになってもらえるような言葉を
かけられる人になりたいわ。
せめて、ばぁさんになるまでには。

こういうの見つけました。多機能で良いかも。
防災用品 地震対策 懐中電灯 手回し充電ラジオライト アイリスオーヤマ
防災用品 地震対策 懐中電灯 手回し充電ラジオライト アイリスオーヤマ