日中のノンビリ時間や、眠りにつく前に、ゴロゴロしながら人様のブログを読んだりしてます。

ほぼ毎日 欠かさず読んでるブログもあって、
その中に、女性ブロガーさんのは、3つあるのですが、
3人様とも女の子のお子さんがいらっしゃる専業主婦です。

どのお宅もリッチなご家庭で、お子様の教育水準が高く、
書き主である奥様は、教育、家計管理、生活全般に、確固たるものをお待ちで、
スカッとした御本人の性格が文章から読み取れて、頼もしいのです。

へなちょこ我が家とは、かけ離れたご家庭。

羨望があるのだろうけれど、たまに考え方に共通や共感も見つけられて(おこがましいですが)
勝手に身近に感じたり、はぁ~っとため息が出てしまったり。

高い教育水準、専業主婦、ということは、
奥様の経済意識の高さと家計管理能力もさることながら、
ご主人の稼ぐ力が高いことが事実であるでしょう。。。

有能なご主人。。。
すべてにおいて完璧な人間なんて、いないと思ってますが、
この方達のご主人は、有能さに加え、人間的にもバランスのとれた男性なんだろうなと想像しています。

欠点も、致命的ではない。

そんな男性が妻として選んだ女性が、この奥様達。

おおいに、感心、納得できます。

こういう女性だから、有能な男性と。とも言えます。

で、お子様達もご両親を引き継いでいくのでしょう。

格差を感じますが、僻んではいません。でも、羨ましいな。

自分の夫に、イラッとくることは、度々あるし、
もうこりゃ、絶望的で諦めるしかない、と思うこともあるし、
だけど、我が身を見つめると、仕方ないということでしょうか。
結婚相手の選択をミスったかな。
もう、時すでに遅し。
生まれかわったら、今の夫とは結婚しないでしょう。
きっと、夫も同じこと思ってると思います。
ははっ。
しょーもない夫婦ですよね。