1泊でしたが、東京へ行ってきました。
夫は大学の同窓会、私はショッピング目的です。

以前から感じていたことですが、年を感じました。
ちょっと街中を店から店へ、店内グルグルと歩き回るだけで、疲れてしまうなんて、寄る年波を感じずにはいられません。

ヒールを履いた足もダルダルで。
夕方からの数時間しか見て回る、体力と気力がもたなかったです。

今回のショッピングの第一希望は、小ぶりのハンドバッグだったのですが、
1軒で構えてる直営店を回るのは、最初からパスして、
一通りのテナントが入っている銀座三越へ直行しました。

ブランドバッグを見るなら銀座三越の1階はイイですね。
相変わらず外国人客で混雑してましたが、サラ~っと各ブランドを一気に見て回れるのが楽です。

一番最初にハッと目についたのは、展示されてあったストールでした。
春に活躍しそうな色味と素材感でしたが、薄手のカシミヤで、
キラキラとスワロフスキーのスパンコールが散りばめたデザインでした。
明るめのサンドベージュで少し赤味が入ってるのか?
顔映りの良さそうな色味、スパンコールの入りもとても上品で、
ストール・ショール好きの私は、即座に値札を探しました 笑。
側に居た店員さんが、すぐに近寄ってきて、
お値段は、二十数万円と教えてくれました。
二十と聞いただけで、・・・やっぱりそうか、そうよね。という感想。
どんなに素敵でも20万だなんて、今の私も、多分これからの私も、
ストール1枚にかけられやしない。考える間もなく却下です。

どんな経済状態だったなら「あら素敵 買っちゃおう」ってなるだろう。
毎月、そう100万とはいかなくても、70万円以上の生活費を手渡されるような家計だったら買ってたかもしれない。
ちなみに、我が家での私のお財布事情は、
毎月 渡される生活費は、食費と日用品費、私個人の支払い・貯蓄、お小遣いという内訳です。
光熱費、公的年金、国民健康保険などは含まれてません。

しかし、どんな御方が、20数万円の薄手のストールを買うのだろう。。。
ミンクや毛皮なら・・・、
んーーっ、東京ですもの、いるわよね。

本丸はバッグ売り場なので、さっさと見切りをつけて移動しました。

一通り見て、手にしたのは、ここ数年人気の高級ブランドvalextraのバッグでした。


ミディアム トリエンナーレ


こちらのタイプです。色もこちら。
淡い色・ベージュ系を望んでいたのと、程よいサイズ、
それとブランド名やアイコンの主張がないバッグを理想としてるので、
とても理想的です。
プライスは、354240円。
三越友の会の積立金があるので、買えないことはない。。。
でもそれは、腕時計の積立としてのもの。。。
10年以上 大切に使うと考えて買ってもいいじゃないか。。。
でも・・・腕時計が遠のくことになる。
今回の そもそもの予算は20万以下。
欲しいけれど、やはり経済状況を鑑みると、分不相応かな。そうだ。
諦めよう。

ここで清水の舞台から飛び降りるわけにいかない。

何も買わずに三越を後にして、和光に向かいました。

和光に向かったのは、
毎月 和光からチャイムという冊子が届くのですが、去年の確か秋か冬の始まりに届いた冊子に載っていた、
バッグが気になっていて、実物を見たかったのです。
行くと、店頭には 残り1つしか無かったのですが、
冊子で見たのはピンクだった記憶ですが、店頭にあったのはライトベージュ。
画像がないのですが、フランコデッシというメーカーです。
私は初めて知りましたがイタリア製だそうです。
求めていた小ぶりのサイズで、ライトベージュという色も良かったし、ステッチがはいったデザインも好き。
持ってみると軽いのも良い。おそらく、人とも被らないと思う。
お値段は、税込み101520円。予算内です。
購入を決めました。

まだ使用してませんが、気に入ってます。
フェンディのピーカブーのミニ版に似たデザインですが、
フランコデッシでは、実際にフェンディの下請けを行っているとか。

お買い物をした後に、しばらくお買い物は控えよう、と思うより
別枠で予算立てしていた範囲内で購入した方が今の自分に優しいです。

ヴァレクストラのバッグは素敵でした。でも今はこれが良し。
しかし、バレクストラも諦めてないです 笑。でも今じゃない。

今年の初買い物(自分のもの)は、こんな感じでした。