私は、若い頃から一応 家計簿をつける習慣があります。
ただ書くだけで、項目別に集計や分析をするわけでもなく、
自分の手持ち残高を確認するだけの家計簿なのですが、
基本、出費に無頓着な性格なので、何に使ったか記入しておかないと、
お金のことを管理出来なくなるからつけていました。

現在は、マネーフォワードで家計管理しています。

使用しているクレカは、楽天カード1枚のみです。
これも管理の楽さから1枚にしています。

加入している個人保険は、
入院1日目から日額5千円出る医療保険に入ってます。
これは、今となっては悩ましいもので、
独身時代に加入したのですが、高額療養費制度というのがあるし、
加入し続ける必要があるか、ないか・・・。終身で月額2300円の月払いです。
ここは田舎なので、この先何かの病院で入院となれば、
通院時は交通費もかかるし、病気によっては個室に入りたいとも思うし、
ということで今のところ、そのまま加入しています。

携帯電話は、格安SIMスマホです。月額2000円程です。

国民年金や国民健康保険料の類は、全ての財務を握ってる義理父が家族分を年一括で支払っていますので、
私の生活費からは出ていません。

自営業ということで、老後の年金として、ideco積立ニーサを毎月、
私の生活費から積立てしています。
積立額は、捻出できる範囲でやってます。

idecoも積立ニーサも投資になるので、生活防衛費としてのキャシュを少額積立しています。

あとデパート友の会の積立て。

以上が私の毎月の固定費です。

毎月、手渡される生活費から以上を金融機関に入金し、
残額が食費、日用品費、お小遣いです。
それらも、ほとんどカード決済してるので、カード利用代金を銀行に入金すると、
キレイサッパリ手元からお金が無くなります
しかし、いまのところ赤字になったりしたことはありません。

流れとしては、
生活費を手渡される前日に、
お財布に入ってる現金をカード利用代金として引き落とし口座に入金

生活費を手渡された当日に、
毎月の固定費を口座に入金、残りの現金をお財布に。
という具合です。

夫は夫で、義理父からお給料として手渡されるお金から、
一定額を私に生活費として渡し、
そこから、養育費、個人生命保険、ideco、ニーサ、貯蓄、通信費、お小遣いという具合になってるのかなと思いますが、
詳しく把握してないので、想像です。

公的な支払いや、光熱費は義理父が管理しています。
義理父が全てを牛耳ってますから、
夫(社長)の確定申告まで義理父がやっています。
中身は本人である夫にでさえ明かされてません。

なので、自営で、夫が名目は社長でありながら、
財務も明かされてないし、実際のところの収入も?ですし、
義理父にとっての都合の良いやり方があるのか理解できませんが、
そんなんで、自分で節税など、やりようが無いのです。
ホントのところ、ふるさと納税も利用したいし・・・。
合理的で正しいノウハウを駆使する自信が私達夫婦にはあるのですが。

これについては、どんなに反論しても、財務の権限を義理父は絶対に渡さないので、
喧嘩するだけただ・・険悪になって、こちらが消耗するだけなので、
納得してなくても我慢するしかないようです。

以前に、嫁(私のこと)が、いらんことを息子に入れ知恵してる、とか吹聴してる雰囲気を感じてしまったので
私も あらぬ疑いをこの先、取引先や顧客に思われる事自体ストレスになるので、
スルーしています。

ちょろちょろ不正をしてる(たぶん)のは、義理父なんですが・・・。
女性道楽してるのでね・・。小指にはお金がかかる
そういうことが、バレるのが不都合なだけだと思います。
あと、現役時代の生活からレベルを落としたくないからでしょう。
本来なら年金や役員報酬(零細企業なので 少額)で、生活を賄うべき年齢と立場なんですがね、義父も義母も。

これについて語ると、やりきれなくなるし、
我が家の、どーしようもない問題なので、このへんにしておきます。