丁寧な暮らしって、イイことだと思います。憧れる人も多いでしょう。
実際に丁寧な暮らしを実行されてる志の高い人もいるでしょう。

私は、丁寧な暮らしには大いに感心はするけれど、
自分としては、手を抜いた暮らしでも、それなりに何とか出来てる暮らしが理想です。
こう言ってしまうと自分のナマクラ・ズボラさを公言してるようなものですが、
最小限の労力で快適な生活を望むのが私の本音ですから。

朝から晩まで、掃除と調理に追われると気持ちも体力も余裕がなくなるし、
特別嫌いじゃなかったことが苦痛になります。
イチからジュウまで手間をかけることなど、しようとも思わないですし、細々した作業は苦手です。

楽家事バンザイです。
手抜き料理でも美味しければ満足です。

節約や無駄を省くことを重視し過ぎて、
結果 自分の負担が増えるくらいなら、
多少 割高でも楽になる方法を優先します。

手作り餃子を作る日もあれば、冷凍餃子を焼く日があっても良い。
クイックルワイパーで乾拭きで床掃除を完了させる日もあります。

結婚前は、憧れたんですよね。丁寧な暮らしに。
でも今は、いかに楽をして標準を保つか、それが重要です。