よっコラム☆七転び八起き

よっこらしょっと腰が重く 楽ちんを愛する田舎暮らしの50代主婦です。 結婚を機に都会から田舎生活に。 50代ですが晩婚なのでベテラン主婦には程遠く、 試行錯誤を繰り返しながら 自分らしい暮らしスタイルを模索中です。 美容健康装い、食や家事、家族関係など 日々のつれづれを 思うままに綴っています。

2019年09月

これで良かった。 2世帯同居の件

夫の不在6日目ですが、その間 同居している1階の義母とは 1度も顔を合わせていません。

義父とは・・私が庭に出てる時と会社の掃除をして住居に戻ってきた時に会ったので、2度程 挨拶を交わしていますが、
義母とは 顔を合わせるタイモングが無く、言葉も交わしていません。

玄関と浴室を1階とは共有していますが、その他の水回り、食事は別にしてますので、
同居していても タイミングによって顔を合わせないことは有り得るのです。

もちろん 用事があれば・・・1階から2階へ 呼び出しブザーが鳴りますし、
2階の私達が使っていない部屋に、FAX、義父の衣類の1部を収納してるので、
義父が2階に上がってくることは たまにあります。

出かける時も、不在時間が長くなる時は 一言 声を掛け合います。

完璧な二世帯仕様の造りではなくても、
食事が別で、若夫婦に子供がいない場合は、同住居内で分離した生活が可能です。

同居をスタートした頃に、私は意図的に そうなるように 仕向けたのです。
今のところ、それで大正解だったと思っています。

自分の親・実母も大いに面倒な親ですが、
義両親も支配的で・・・面倒な義両親です。

あっちも こっちも面倒なので、関わるウエイトを軽くしないと 私がオカシクなりそうです。

同じような 同居嫁さんからすると、この家の同居スタイルは、異様に思うかもしれない反面、羨ましく思われるかもしれません。

以前に、「食事が別だと、ご主人が不在の時は 好きに出来るのが羨ましい」 と言われたことがあります。

そーですよね。同居親と食事が一緒の場合、
旦那さんが不在の時でも お嫁さんは、食事の支度も後片付けも省略できませんし、食事も一緒にとることになります。

abbotsford-house-3548245_640

たまには、一人で 好きな時間に 好きなものを食べたい、って 絶対あるでしょう。
食べたくない時だって。。。

私は、夫の親との同居という生活スタイルは 、
全く、合理性も 何もない劣悪な家族生活スタイル(完全二世帯住宅 or 敷地内同居であれば話は別ですが)
であると考えていますが、
ご主人の両親と同じ屋根の下で、食事を作り・・・それを こなしてる奥様は、
やはり尊敬の念を抱かずにはいられません。

うちの姑も、お嫁さんだった頃は、それを こなしてきた人です。

姑の姑さんが(夫の祖母)、料理も 家事全般 苦手な女性だったらしく
料理上手な姑は、 お嫁さん時代、家族に大層 喜ばれたらしいです。

それを聞いたからと、じゃあ私もお義母さんのように・・・とは全く思いませんでした。

姑や舅からすると、そんな私のことを 心良く思わないのも仕方ないでしょうが、
同居の最初の段階で、キッパリと意志を通して良かったと思っています。

無言の怒りの態度も とられましたし、
2階の様子が分らないことをイイことに、ある事ない事 周りに吹聴もされました。

嫁は マトモに料理をしてないだろう、とか・・・
頂き物の食材がダブついていたので、「まだ あるので 今回は 要らないです」 と頂き物の分けを拒んだら、食材も扱えない嫁だとか・・・
周りの人達の反応で、後で分かったことですが、ホント 言われていました。

何もしない、何も出来ないレッテルを貼り付けたかったのでしょう。

嫁時代 大変だったけれど、褒め称えられ自尊心を満たし続けてきた姑は、
次なる 嫁をこき下ろすことで、自分が永遠に この家の一番の良き嫁でいられる・・・ということじゃないかな。

話が それましたが、
何をどう思われても、何をどう言われても、これで良かったと思っています。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



前向きに。シンプルに。

人の容姿が個々に違っているように、考え方や思考にも 個々に違いがあるのは 至極 当然としても・・・・・

自分の身近にいる人は、前向きで 物事をシンプルに考えられる人がイイなと思います。

元気を貰える気がするのです。

人間だから・・人生だから・・
いつでも明るく前向きで、シンプル思考でいられるワケでは無いことを分かっているけれど、
結果が同じなら、それまでの過程は
陰鬱になって、複雑に ややこしく考えて こんがらがる よりも、
良い結果を期待して前向きに、余計なコトを考えずに一本気に進んでいった方が、
自分も周りも元気になれる。

それは、何とかなるさと、能天気になって努力もせずに怠惰に過ごしていることとは違います。

受験や試験だったら、受かることを考えて、受かるための努力を積み上げていく。
病気だったら、治すことを考えて、治すための努力を積み上げていく。

結果は、2つに1つなら、良い結果に向かって 進めていくほうが、良い結果を生みやすいと信じています。

もしも結果が望んだようにならなかったら、その時は その時なんです。

後ろ向きになって、ごちゃごちゃ考えたところで 何の良いこともナシ。



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ



夏が終わって・・・もう買うことは無いと判断したもの

もう すっかり秋ですね~とは、私が住んでる地方だけで、関東方面では まだまだ半袖でOKという気温なんでしょうか。。。

こちらでは、室内でも長袖シャツでは寒くて、綿ニットのセーターに着替えたくらいですから、
秋の訪れだけは暦通りです。そして あっと言う間に冬がくるでしょう。。。

夏の始まりから 思っていたことがありまして、洋服・トップスのことなんですが、
私は、夏物でも ニット素材の柔らかいニュアンスさが好きで、
良さげなデザインの半袖ニットを見つけると1枚くらいは買うのですよね。

ところが、この地域では、(盆地なんですが)
春は、まだまだ冬の名残りで寒くって、突然 暑~~い夏が始まり、
だいたい暦通りに夏が終わって 秋になり(秋のお彼岸から)
やがて雪が降って 長ーーい冬が始まるのです。

春は寒くて半袖なんて着てられませんし、
夏は暑くてニット素材なんて暑苦しい、
昨日まで暑かったな~と思っていると、肌寒い秋になってるので、
半袖ニットの出番が 殆どありません。

ここ数年の傾向として、日本の夏は どんどん暑くなってますから、
涼しい夏・・・なんてのは無いですしねぇ。

半袖のニット・・・私には不要と判断しました。もう買うことは しません。
今あるものは、来年の春にでも買い取りに出すことにします。

ニットは冬物だけで良いのです。半袖は要らない。。。

ミニマリストになりきれない エセミニマリストの私としても、
出番の無い物を購入 所有することは、無駄なことと判断しました。

自分の中で、要不要の判断が明確になってくるのが嬉しくて。。。

まだまだ 気付きがありそうです。




ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


カテゴリ