今の学校教育が どうなっているのか? 子供のいない私には わかりませんが、
私が (昭和40年代うまれ)中学 高校の時には、家庭科の授業がありました。

中学校の家庭科の調理実習では、
目玉焼きから 始まって、茶碗蒸しも作ったなぁ。
たいてい、卵料理は 実習しますよね。

包丁使いの練習で、キュウリ 5ミリ幅以内のスライスを
タイマーで測って 時間内に 何枚 (100枚だったか? 枚数は忘れました) という訓練もあって、
ブッキーな私は、条件をクリア出来なかったわ。今だったら 出来るかしら? 

お裁縫の実習では、巾着袋や 布に刺し子の刺繍をして 布巾を作成したり、
足踏みミシンで パジャマ、ジャンパースカートも 作成したな。

これまた 手先が不器用な私は、
お裁縫も 足踏みミシンも 苦手で、こんなことが 出来たからって、何になるんだろう?
って、毎回 毒づいていた記憶が よみがえります。

ちょっと 前置きが長くなりました。

昨日 ヘタクソな手付きで 雑巾を縫いながら 考えていたのですが、

今回のマスク不足の件で、両手 両指が健常で、目も見える 女性だったら、そして時間も あるのなら、

家にある ハンカチでも ガーゼでも 適当な布を見つけて、ご家族の分の 簡易マスクを 作ることは 可能だろう、と。

それが、なかなか する気が 起きないコト なのも 分かるのですよ。
それだけ 現代は 恵まれてるし。

都会に住んでいたら、そのうち入荷するだろう と考えたりして、それまで待つ という選択を しそうなのも 分かります。

ドラッグストアも無い 田舎でも、手製のマスクをしてる人は、たまたまなのか 判りませんが、見かけません。

そういう私は? と言いますと、使い捨てマスクが まだ ありますし、
それも 除菌スプレーを 吹き掛けながら 大事に使っています。

マスクの在庫が無くなって、もし 手に入りそうもないなら、私は 不器用でも 作ります。
ただし、自分のは ペーパータオルで。
夫のは ガーゼハンカチで。→ ヘタクソ過ぎて ペーパータオルで良いって言われたりして


政府の判断が 遅い オカシイ 馬鹿だ・・・人によっては そう言いたくなる方も おられるでしょう。
現実に 感染した人や そのご家族なら。

今まだ 健康であるなら、自分の身と 家族の身は、自分達で 守る行動をする のが 大切なんですよ。自分の頭で考えて。。。

自粛したくとも 働かなくては ならない 医療従事者の方たち、サービス業、
接客業、・・・・・
皆さん 感染が恐いだろうと思います。

文句ばっかり 言ってないで・・・と 思うのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ