よっコラム☆七転び八起き

よっこらしょっと腰が重く 楽ちんを愛する田舎暮らしの50代主婦です。 結婚を機に都会から田舎生活に。 50代ですが晩婚なのでベテラン主婦には程遠く、 試行錯誤を繰り返しながら 自分らしい暮らしスタイルを模索中です。 美容健康装い、食や家事、家族関係など 日々のつれづれを 思うままに綴っています。

雑感

一人で生活できる老人を目指す

わ~い 嬉しい 今日から5日間  夫が出張でーす。

コロナ禍で ずっと、地方出張は中止でしたから 5日間 夫の留守は 久しぶり。

嬉しいです。 久々の一人暮らし(気分)は。。。
※ 住居1階に 義両親がいますから、厳密には 一人じゃ無いですが。

義両親と言えば、今朝 さっそくですねぇ、

「〇〇(夫の名前)が留守の間は、お母さん(姑)が 入浴後すぐに 浴槽のお湯を抜いても いいかしら」

と、夫を介して ご達しが ありました。

ここの家では、夜の 6時に 舅が入浴、その後すぐに 姑が入浴、
夜の 9時頃に 夫が入浴、10時以降 私が入浴しています。

実は私、殆ど シャワーで済ませてますので、湯船には入らないことが多いです。

湯船に浸かることが 嫌いでは無く、むしろ好きなんですが、ここの家では モロモロの理由から シャワーで済ませています。

なので、夫が入浴した後は お湯を抜いて出てきてもらってます。

しかし 寒くなると特に、お湯に浸かりたい時が あるもので、そんな日は 夫に 「お湯は抜かないでおいて」 と言ってます。

義両親からすると、嫁の私は シャワーだけだし、時間も遅いしで、
浴槽のお湯を 保温しておくのが無駄だと 判断してのことだと思います。

まぁ、合理的な判断なんですが、
夫が不在の時は、私は お湯に浸かるかな気分で・・・、しかし そんなこと 義両親は 知らないことですし、
その判断で良いと思うのですが はい。。。

でも、ちょっと モヤッとするのは、 日頃から 日常的に、舅が・・・
私の入浴前に、浴室のボイラーを 止めたり、脱衣場の窓のブラインドを 全開に開けたりするのです。

私が浴室を使用する時間帯が遅いので、ボイラー停止は 光熱費の節約のためと思うのですが、
脱衣場のブラインドまで 夜のうちから 全開にするのは・・・

嫁の入浴など・・・知ったこっちゃない 舅なんですよ。 いつも です。 ちなみに 姑も そんな人です。

午前中から 夫と姑が二人揃って不在の時には、
舅は、自分が お湯を使う時しか ボイラーを点けていません。

私は、昼食後にも 歯磨きしたいし、一人の時でも 夕食後に 洗い物があるのに、冷水しか出ないという。。。

私も いちいち 1階まで降りて ボイラーを点けにいくのも 面倒だし、
「おまえは 無駄に 光熱費を使うな、水で済ませろ」と あんに言われてる気がして・・・。


そんな気持ちが透けて見えるから、モヤッとするのですよ。


無理に 自分を慣らして やってますけど、まだまだ色々ありますから、ここの義両親との同居には、ウンザリしてます。
 
こ・・この場で言わせて下さい。

嫌過ぎて、嫌い過ぎて、嫌悪しかなくて、心の中で 存在を抹消してるわ。

はぁーー。

flowers-3680485_1280



花をみると 気持ちが癒されますね。 美しいものの パワーは 絶大なり。

さてと、
夫の出張が嬉しい嫁の私ですが、
ちょっと、先日 会った老婦人の お話をしたいと思います。


先週の日曜日は、当社の昔から続く 月1の恒例作業で、庭の作業日でした。

集まる人たちは 高齢者ばかりですが、パッと見 この方が 一番年長者かな? という 女性が いました。
その女性を 以下 Aさんとします。

Aさんは、小柄でホッソリした女性で、背格好 姿勢から 90歳近い年齢と 判断しました。

他の女性陣は お喋りしながら 作業していくのですが、
Aさんは、他の人とは 少し距離を置いて、黙々と 一人で 作業してる姿が 印象的でした。

ご高齢なので 動作は ゆっくりだけど、作業する手つきは とても丁寧で・・・
その姿が 清々しくて 凛としていて、なんか 素敵な老婦人だなぁと 思ってました。

後で聞いた話では、Aさんは 旦那様に先立たれ お一人暮らしの女性だとか。

なるほど・・・やっぱり。 

凛とした雰囲気は、高齢者として 自立した 生活を おくっているからだろうなと。

ご高齢でも 一人で生活できてる、かつ 雰囲気の良い人は、
高齢者特有の 依存心だったり、変に 若い人と競って 肩ひじ張ったりすることが 無いような気がします。

自分が 出来る範囲のことを マイペースに こなす・・・

きっと 暮らしも、高齢である ご自分が 暮らしやすいように 整えられてるんじゃないかな と 勝手に想像してしまいました。

高齢者だらけの 田舎で暮らしてから、
私は 自然と、将来の自分のモデルケースなるものを 探し求めてるような気がします。

どんな老女になって、どんな老人生活をおくりたいか?

もちろん 健康であることが第一ですが、
一人で生活できる 老人で ありたいなと思うのです。

その姿を見る者に、清々しく 凛とした雰囲気を感じさせるような。。。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

そう言えば 小室さんの件 どうなってるんだろう?

今年は、コロナ関連が報道の大半だったし、オリンピック延期、安倍元首相の辞任、新総裁の報道などが占めていて、
皇室ニュース界隈は めずらしく 息を潜めていた気がします。

秋篠宮家の眞子様と 小室さんの ご結婚問題は、どうなってるのだろう? 
何か 進展が あったのかしら?

テレビ番組、特に お昼の報道番組は 見ることが無いし、女性週刊誌に触れることも無いので、
その手の報道に 疎くなっています。

もしかすると 水面下では 何らかの動きが あるのかな・・・んーーーどうかなぁ?

兎にも角にも、
小室家(お母さんの)の 借金問題が 解決しない限りは、前に進めないと 思うのですが。

そして借金問題の解決とは、返済することで、
そうでなければ 貸し主側も 秋篠宮家側も 多くの国民感情も 納得しないでしょう。

しかし 小室さんのお母さんに返済能力が無い以上、小室圭さんが 分割してでも 返済していくしか無いと 思うのですよね。

ところで、眞子様と小室さんは 今でも 変わりなく、結婚の意志があるのだろうか。
 
だとしたなら、もう ここまで来たら
結婚する方向で (問題を解決していきながら)進んでいくのが 良いのでは と 私は 思います。

断固反対、許せない、だったら 国民の血税である支度金を拒否し 皇室離脱せよ などと、
もはや 私には そういう思いは 正直ありません。

ここまで 問題視され 家族を巻き込んで 批難・誹謗中傷を浴び、そして 深く傷付き、
それでも 
お二人が 結婚して 共に人生を歩んでいきたい という 強い意思が あるのなら、
結婚へと進んでいっても 良いのじゃないかと。

ただ、小室さんは まだ学生ですから、職に就き、結婚後の生活の準備を整え、
借金返済(分割でも)のメドをたててから ご一緒になるべき とは思います。


そもそも 結婚が うまくいく いかない なんて、どなたの場合でも 誰にも 分らないですよ。
誰もが祝福する条件の者同士が結婚したとしても、です。

wedding-cake-407170_640

皇族出身の女性で、国民全体から祝福されて ご結婚された 全ての方が、
お幸せで 順調な生活をおくってるか なんて 分からないですし。


多くの国民は 反対し批難するだろうけれど、小室さん自身は 犯罪者や凶悪犯では無いのだし、
彼の良いところにも 目を向けても 良いだろうと。
言葉の槍を刺すばかりでは、誰も幸せになれない じゃないですか。
結婚するか否か どんな結論を出すにせよ、中傷するより 温かく見守る方が 良い方向へ進めるのじゃないかなって。

アラフィフ女の独り言でした。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ


変化に柔軟でありたいけれど、受け入れられないこともある

最近は テレビ番組を観ることが 激減しています。 
観てるのは、録画設定してある 朝と夜の経済ニュースくらいかなぁ。
あと たまに 興味ある特集とか。

ドラマは、海外ドラマが好きなので Amazonプライム  ネットフリックスで 鑑賞しています。

今年の春から、コロナ自粛で 暇な時間が増えたので、ネット動画・YouTubeを かなり観るようになりました。

ネット動画・YouTubeを 観ながら 時代の流れの早さや 変化を 実感しまくっています。

有名人同士のコラボ対談動画なんかも楽しんで観ています。 
対談や 単独での しゃべり系の動画は、テレビ配信よりも ネット配信の方が、対談者 各々の発言が 自由で 面白いんですよね。

ネットの世界は テレビ出演と違って、所属事務所の規制や 局へ忖度が 少ないのでしょう。。。

芸能人や芸人さんが 所属事務所を離れ、テレビから ネット配信へと、組織から 個の時代へと なってきてるんだなぁと 思いました。

色んな縛りがなくなって 自由な発信は、観る側としても楽しいのだけれど、
これって 酷くない? というのも 単独しゃべり系では 多々見かけます。

変化に柔軟でありたいし、自由も愛するけれど、
行き過ぎる のは。。。


そう言えば、先日の都知事選 街頭演説で、ホリエモン新党の N国のパフォーマンス?
あれは 無い って、思いましたね。

なんなんでしょう。 ・・・ふざけすぎてる。

法に触れないからと・・・あそこまで 自由なのは、どういった計算が働いてるにせよ 馬鹿馬鹿しい。

あと、それとは別に 気になるが
面白おかしくして 視聴者数を稼ぐための 炎上商法的な 発信も 不快感を覚えることが あります。
人のことを クサしまくる発信は・・・内部同士の やりとりなら それも演出なんでしょうが、
外部の人に関する 容姿を こきおろす発言は、嫌悪感を感じたり。

別にPTAのおばさんに なってるのじゃ無いのですが、年若い人も 観るわけじゃないですか。 
批判と誹謗の区別がつかない年代層は、それらの発信を どうってことないこととして、
面白いと 受け止める人間になるかと考えると 不安になるんですよね。

際限なしの自由は 嫌だなと。

自由な発信、自己ブランディング・・・正しくて 何が悪いのか 判断がつかないことが 沢山 出てきて、今は 混沌としてるなぁとも 思います。

面白さが増える反面で、受け入れられない世界観も あるなぁ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
楽天市場