よっコラム☆七転び八起き

よっこらしょっと腰が重く 楽ちんを愛する田舎暮らしの50代主婦です。 結婚を機に都会から田舎生活に。 50代ですが晩婚なのでベテラン主婦には程遠く、 試行錯誤を繰り返しながら 自分らしい暮らしスタイルを模索中です。 美容健康装い、食や家事、家族関係など 日々のつれづれを 思うままに綴っています。

雑感

高齢者になったら、なりたい自分

先日 バスの待合所で 出会った ご年配 女性の お話をしたいと思います。

※ ご年配 女性 → 以下 御婦人と表記します


sheep-2030807_640

待合所には 最初 私一人だったのですが、→ 田舎あるある
ちょっとしたら、御婦人が一人で入ってきました。

ちなみに そこの待合所は 建物になっています。

うちは 田舎で家業を営んでるゆえ、町内で出会う人達は 顧客様の場合がありますので、
御婦人が入ってきた時は、一応 さり気なく お顔を確認したところ、見知らぬ人と認識したのですが、
御婦人の方から 「◯◯◯の奥さん じゃないですか?」 と 問われました。

私は ハッとして、そうです と 答えながら 再び お顔を確認したのですが、
御婦人は 帽子&マスクで 目元以外の大部分が覆われているので、正直 どなたか ピンとこなく、
失礼ですが お名前 伺っても宜しいですか? と 尋ねると 「ドコドコの □ □ □ です」 と ご返答いただきました。

御婦人も 私と同じ方面へ向かうバス待ちかと思い、たずねると反対方面への バス待ちでした。

御婦人は、お話し好きな御方なのか 滑らかな滑舌と口調で 色んなことを お話しされてました。

よどみなく綺麗な言葉を お話になる 御婦人で、

御婦人は 年齢92歳であること、

地元の町立病院の女医さんから 「認知症には ならない」と 太鼓判を押されてること、

嬉しい太鼓判を押してくれた 女医さんが 転院されて 寂しいこと、→ 町立病院あるある

身体の あちこちが 年齢の割にご健康で、日常生活に不自由が無いこと、

3度の食事は 同居してる息子さんの奥様が 用意してくれてること
自分の衣類の洗濯は 自分でしてることなど・・・

そんな お話に 相槌を打ちながら 御婦人の瞳を見ると
なんと表現したら良いのだろう・・とても 瞳が しっかり していて、
優しげでありながら 知性的な雰囲気を 目元から伝わる感じがしました。

御婦人のお話ぶりと 瞳の表情から 「認知症には なりませんよ」と 女医さんが 言った理由が 私にも解った気がしました。

私の知り得る感覚では、ご高齢になると 瞳が ぼんやり としていたり、
また それとは逆に、こんな年齢になっても 意地の強そうな瞳になるものか・・という人も少なくないし、
どこか 悲しみを携えた瞳の方もおられたりと・・・
ですが、御婦人には そういったところが 見受けられなかったです。

ご高齢で気丈な女性にありがちな、威嚇するような妙なキツさが無く、
聞き取りやすい声色と しっかりした話の組み立て、
そして 後で 気がついたことですが、お耳も良いと 思いました。

90歳超えると 耳が遠くなってるケースが多いはずなのに、
私の言葉を 聞き返されることが 一度も無かったです。

【御婦人】と、自然に そう言い表したくなる女性。

御婦人がお話になった会話の中で、私に 響いた言葉が ありました。

「こうやってねぇ、元気に問題なく暮らせてることが とっても有り難くてねぇ」

嬉しそうなのが 目元から伝わります。

無邪気で 素直で・・・イイですよね。


私の身近には
出会った時から 「老い先 短いから・・・」 「長くは生きられないわ」 などと
ネガティブなことを 口癖のように言う高齢者がいて、

老い先短いから・・・好きに 自由にやらせてくれ と 我儘に周りを振り回し、
長くは生きられないわ・・・悲劇の主人公になりきって 人の同情を買おうとする カマッテ婆さん

そして そう言う人達に限って、充分に健康で 病院とか薬とは無縁な生活、

老い先は長く、何十年も同じことを言い続け、何十年も やりたい放題、

時代や社会の中心は 自分達であるかのごとく 高圧的で、自分達の論を 押し付け、

自分達が 好きなように やり散らかした後始末を 何食わぬ顔で 次世代に放り投げるのです。

毎度 うんざり・・・。


生き物である以上 私も日々老いていくわけで、既に人生の半分は過ぎた頃です。

実のところ、人の寿命など 判らないものじゃないですか。

現時点で 病に侵されてるワケでもなく、特に重い持病もなく、好きに振る舞っていて、
老い先が短いとか 長く生きられないとか 毎年 毎度 言ってるような そんな老人にならないでおこう。

常日頃 そんなことを 心に秘めて思うのです。

素敵な御婦人だったなぁ。 どうか いつまでも お元気で にこやかな瞳で いて下さいね・・・。

そうそう、後で その日のことを 夫に話すと

□ □ □ さんねー、あの お婆ちゃんは しっかり高等教育を受けていた人で、
昔から 知的な雰囲気の人だよ・・・

そう言っていました。

人柄の判断に、取り立てて 学歴がうんぬんと 関連づける考えは 私には無いですが、
知的好奇心を失わずに 生活していく 積み重ねが 大事なことね と 思ったしだいです。
 



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 美容ブログへにほんブログ村 美容ブログ スキンケアへにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ



アラフィフの自分が肝に銘じること

数年前に 地元の70代の人達と キャッシュレス化の話題 になったことが ありました。

「農協の商品券や イオンの商品券なら 使い方が分かるけれど、
プリペイドなんちゃら とか、なんたらカード とか 
分かるような 分からんようなで 面倒くさそうだし、
電話で支払い(Pay決済 バーコード決済のこと)とかは 何が何だかサッパリ分からん」

高齢者ゾーンの先輩達が 言っていたことを まとめると 👆 こんな感じでした。

はい、お気持ち 理解できますよ。
これまで 使った経験が無い物は、使い方や 仕組みが 理解できなくて 普通ですもの。


でも 簡単そうなところから 少しづつ 覚えていくと、

先輩達が 大好きな お得で → ポイントのこと
コロナ感染のように 感染症が 流行ってくると お金・紙幣や小銭よりも 衛生的で、

現金決済が ほとんど無くなることによって コンビニや個人商店の現金強盗も無くなるし、
仕組みを理解して 使い慣れると 良いことも 結構あるのです。

と 言ってみたところで、
まだまだ 田舎の商店や飲食店などでは 現金決済のみ の店が多く、
高齢層の住民達は キャッシュレス化の必要性を感じることが 少ないので 
当時の会話から 数年経過した現在も 皆さんニコニコ現金払いで やってらっしゃると
お察しします。

まぁ、それは さておき
当時の会話で 私が一番 頭に残ってるのは、

「高齢者層の人口が多いのだから、高齢者層に合わせた仕様にするのが大事なことだ」

この言葉でした。

seniors-1505934_640

そうか、人口ゾーンの一番厚いところに 総てのルールや仕様を 合わせることが
やっぱり 正しいことなのかな・・・?

それで 大体のことが うまく回るのだから・・・。

正論なんだ・・・正論なのか?・・・少なくても この町では それが正しいのかな。

なんとなく モヤモヤしながらも、そうと言われたら そうかもしれない と 記憶にとどめていた事でした。

ところが、最近 話題の4630万誤送金問題で、町役場の実務体制が浮き彫りになりました。

今の20代でしたら見たこと無いような フロッピーディスク、
阿武町だけじゃなく 他の自治体でもあるそうな・・・
誤送金とフロッピーディスクは 直接 関係無いけれど、
精巧で利便性が高い新しいものごとを 学ぶのを嫌がって 取り入れず
昔ながらの 古臭くて 穴だらけの手法を いつまでも いつまでも続けていることが
今回のような結果を招いた ということは・・・・・。

今後の日本が 経済的に豊かになることは もはや考えられず、
ジワジワと 貧しい方向へと 流れていく最中、
他の貧しい国のように 貧しさの中では 頻繁に犯罪が起きるようになってくストーリーを想定すると、

あの家のタンスには お金があるはず と 強盗だって予測して 侵入するでしょうし、
万が一を考えたなら、速やかに 金品だけを盗って 出ていってくれたら まだ良くて、
身体を傷つけられたり 命を失ってからでは 遅すぎる。

悪いことが 起こりにくい環境を作るのって 大事なことだけど、
悲しいかな人間は 加齢が進むほど 楽な方へと なってるもので。

現在50代の私は 今から肝に銘じておこうと思う。

今も十分 鈍臭い脳みそだけど、これから もっと鈍臭ささが増していくだろうけれど、
新しいことを 難しいからと ハナから拒まず、出来る範囲で 取り入れる努力をしていかなくては と。

どうか 錆びないで欲しい 私の脳みそと感性よ・・・
生きてる限り 脳も五感も身体も 活動していて欲しいものです。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 美容ブログへにほんブログ村 美容ブログ スキンケアへにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ


誤送金問題の若者

山口県阿武町の誤送金の24歳男性には 正直 驚きました。

24歳ですよ・・・
大卒だったら 社会人2年目です。 あー・・、でも 高卒だったら 社会人4年目で
世間に ちょっとは慣れてきた頃 とも言えますか。  しかし、それにしてもね。

もし 自分の銀行口座に4600万ものお金が突然 入金されていたら
皆さんだったら どうなります?

piggy-g6872e5a70_640

私だったら 驚きのあまり動揺してしまうし、 → ガクブルです
ひとしきり驚いた後に 気を取り直し 冷静になったとしても 怖くて 恐ろしくて、
銀行に 「どういうことか?」と 聞きにいきます。

銀行の対応が曖昧だったら、心臓をバクつかせながら その足で 警察に行って
「何か 恐ろしい事件に 巻き込まれてるのでしょうか?😰 」と
聞いてくることでしょう。

そして、誤送金と分かったら 速やかに返金します。

良い人ぶるとか そういう問題じゃなく、気分的にも 気持ち悪いし、
それが 常人と言うか、凡人の行動だと思うのですよね。

だって 怖いじゃないですか。 10万 20万だったら 何かのミスか?と
考えられる精神状態になれたとしても 4千万ですよ。 額が怖すぎる。

普段から扱い慣れた単位の額じゃ無いですし、
犯罪に巻き込まれて 悪いことになるんじゃないか  とか、命を狙われる とか
私のように 海外ドラマを観て 中途半端な妄想癖があると
恐怖以外の何物でもないです。

それを 24歳の若者は 自分のお金のように数日間で 使ってしまうとは・・・
肝が据わってると言うのか それに付け加え 愚か過ぎると言うのか 大胆不敵!?

逮捕されましたね・・・またたく間に 天国から地獄へと。

しかしながら 阿武町側にしても ミスとして 罪深いですよね。
報道によると 誤送金してしまったのは 新人職員だったとか。 
新人のミスを責めるよりも 組織や仕事の管理構造に問題がありそうですし、
責任は組織のトップ層にあると思います。

田舎にありがちな
罪の擦り付け合いや 新人を責めたり 村八分になるようなことは 
あって欲しくないなと 思います。

若くて立場の弱い者を 守ることをしない 田舎の歴だけベテラン層って
想像以上に居るものです。

そして あの額のお金を 誤送金できてしまう仕組み自体が問題じゃないかと。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 美容ブログへにほんブログ村 美容ブログ スキンケアへにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ


カテゴリ