よっコラム☆七転び八起き

よっこらしょっ!肩の力を抜いて日々の雑感をつづります。 アラウンド50の子供のいない専業主婦。時々、家業手伝い。らくちん主義です。 アラ50ならではの美容健康と装い、ラク家事食事、夫、同居のこと。お金。 田舎生活、都会で息抜き、そんなことを。

ブログ

ブログ村に記事がアップされてない

去年の12月からランキングサイトのブログ村さんが、
リニューアル工事中ということで、
色々と不具合が出てくるとの連絡があったので、
そうなのか。。。とランキングサイトをチェックすることもなく、
放っておいてたのですが、
今日 久しぶりに覗いてみると・・・
私の記事がアップされてないのです、よ。
何日も・・・。

なんか仕様も変わってしまい、慣れの問題かもしれませんが、
使いにくい。

トラコミュの参加方法も??

ある時期から、ガクンとアクセスのユニークユーザーが減ってきてたのは、
ちょっと疑問だったのですが、
それは、自分の現実と思ってたりもしてたのですが。

記事がアップされてない。。。。。どうすれば?

ブログ批評って

よそ様のブログを徘徊していて、
このタイトルって!・・・!? どこかで見たタイトルだなと、
初めて読むブログを訪問しました。

私が、2~3日に1度は読んでいる、登録しているブログがあるのですが、
その愛読ブログの記事のタイトルが、
さっき初めて見つけたブログの記事タイトルの一部に入っていたのです。

ん?伝わるかなぁ。

要は、愛読してるブログへのアンチ記事だったのです。
人気ブログになると、そういうことって、よくある事なのかもしれません。
人の感じ方って、それぞれですから。

私も読んでて、ふ~~ん、という記事あります。
読んでて、性格が出てるよね~、みたいなのも。
だって、人が書いてるものですからね。

自分の忘備録として書く記事もあるし、
人に言えない胸の内を書いてもイイし、
書く側は、違法性が無ければ、何を書いても良いと思うのですが。
読む側は選べるのだし。

そのアンチ記事は、けっこう読まれていて(私も読んだけれど)、
なんか鼻息の荒さを文章から感じとれるというか・・・。
幼稚なオトナの記事でした。
批判をうけたブロガーさんにすると、あらそう、ってな感じだと思います。
気づいたかどうか知りませんが。



この妻にして、このご主人。

日中のノンビリ時間や、眠りにつく前に、ゴロゴロしながら人様のブログを読んだりしてます。

ほぼ毎日 欠かさず読んでるブログもあって、
その中に、女性ブロガーさんのは、3つあるのですが、
3人様とも女の子のお子さんがいらっしゃる専業主婦です。

どのお宅もリッチなご家庭で、お子様の教育水準が高く、
書き主である奥様は、教育、家計管理、生活全般に、確固たるものをお待ちで、
スカッとした御本人の性格が文章から読み取れて、頼もしいのです。

へなちょこ我が家とは、かけ離れたご家庭。

羨望があるのだろうけれど、たまに考え方に共通や共感も見つけられて(おこがましいですが)
勝手に身近に感じたり、はぁ~っとため息が出てしまったり。

高い教育水準、専業主婦、ということは、
奥様の経済意識の高さと家計管理能力もさることながら、
ご主人の稼ぐ力が高いことが事実であるでしょう。。。

有能なご主人。。。
すべてにおいて完璧な人間なんて、いないと思ってますが、
この方達のご主人は、有能さに加え、人間的にもバランスのとれた男性なんだろうなと想像しています。

欠点も、致命的ではない。

そんな男性が妻として選んだ女性が、この奥様達。

おおいに、感心、納得できます。

こういう女性だから、有能な男性と。とも言えます。

で、お子様達もご両親を引き継いでいくのでしょう。

格差を感じますが、僻んではいません。でも、羨ましいな。

自分の夫に、イラッとくることは、度々あるし、
もうこりゃ、絶望的で諦めるしかない、と思うこともあるし、
だけど、我が身を見つめると、仕方ないということでしょうか。
結婚相手の選択をミスったかな。
もう、時すでに遅し。
生まれかわったら、今の夫とは結婚しないでしょう。
きっと、夫も同じこと思ってると思います。
ははっ。
しょーもない夫婦ですよね。

スマホから初挑戦 ブログ投稿

本日、しばらくぶりに田舎から脱出。
ホテルにインして、次の活動までしばし休憩。
スマホで記事の作成も公開も初だけど、やってみよう。
老眼鏡がないと不便だ。でも慣れるためにもなるかなと。

しかし? どうやって公開するんたろ‌あ!分かった。
訓練‌訓練‌ 絵文字は、pcよりスマホのが見やすいな。

ブログの文章が長いのって・・

まだブログ開始から3か月も満たないので、ブログのことを語れるほどの私じゃありませんが、記事のリライトをしていて気が付いたことが。

文章がムダに長い。
長くて、何が言いたいのか分からない。
長くて、読むのに疲れる。
長くて、読むのをやめる。

そもそも、長くても最後まで読める記事というのは、
文章が整っていて、面白い内容。
文章のプロが書いた記事。
記事の見た目に、飽きさせない工夫がある。
     ⇓
そうなれない私は、長い文章は書くべきじゃない。。。

リライト記事もかなり文章を削りました。読む記事全てが大幅に書き直しです。
けっこう、しんどいです。


楽天市場