よっコラム☆七転び八起き

よっこらしょっ!肩の力を抜いて日々の雑感をつづります。 アラウンド50の子供のいない専業主婦。時々、家業手伝い。らくちん主義です。 アラ50ならではの美容健康と装い、ラク家事食事、夫、同居のこと。お金。 田舎生活、都会で息抜き、そんなことを。

アラウンド50

麻生大臣 言ってくれるわね・・

麻生大臣ってあの人って、何年も人の上に立つお立場でありながら、
これまでにも、あれだけ失言を繰り返しながら、いったい なんなんですかね。

カップ麺の値段を知らなくても、漢字を読み間違えても、
人間だもの そんなこともあるわよね~と、私は特に麻生氏を非難するほどの気持ちはなかったです。

むしろ、カップ麺の値段を知らないことぐらいで。。と思ってました。

今回の、
子供を産まなかった方が問題 発言。
言ってくれるわね。
ほんと、このジーさんときたら・・

私事ですが、つい先日も、私は姑に人前で言われたんですよ。
女性が子供産まないなんて・・と。
まぁ、うちの姑も、元々がそんな考えの人ですから
(女性は子供を産んで一人前という考え)
今に始まったことじゃないのですけど、

その時に居合わせたメンバーの中に、
自分のライフスタイルとして、子供を持たない選択してる私、
孫は欲しいけれど、娘は子供が出来なくて諦めたの、という女性、
孫は欲しいけれど、息子の嫁は子供が出来なくて諦めた、という女性、
10人程のメンバーの中でも、私の知ってる限り、
そんな理由や事情を持つ者が、3人いたわけですよ・・・。

姑は、自分が子供を二人産んで育てたことが、
憎らしい嫁に対するマウンティング材料なだけなんですが、
心の中でヒシヒシとマウンティングの機会を探ってばかりいるので、
それを この場で、このメンバーの前で言うべきじゃない、
ことを言っちゃうのです。
なんだかね。多分、
そんなつもりじゃないのよ、あなた達にじゃないの、嫁に言ってやりたかっただけ、
てなもんなんでしょうけどね。

働き世代が納めている税金、社会保障費は、高齢者だけにまわってるんですかね。
学校笑育の無償化や子育て支援には?
人工の増加と経済の成長は連動してるのは事実ですが、
仮に、今 出産倍増計画とかやって、いきなり出生率が上がると、
それこそ どうなるのでしょう。。。
今の働き世代とこれからの働き世代は、80歳まで働いてなければ・・になったりして。。
そうじゃないのかな・・・。


世間のニュースから老親の生活を思いを馳せる・・・必要なことだよね

老人を狙った、オレオレ詐欺、リフォーム詐欺、投資・金融詐欺などの事件は、
いつも どこかで起きています。

今日、知った情報では、
「〇〇電器です」と大手家電量販店を名乗ったカード詐欺。
こちらの記事を参照下さい。
  ↓
問わず語り

詐欺を仕掛ける側も、色んな情報を入手して、詐欺を仕掛けるので、
ともすると、その巧妙な仕掛けに、まんまと騙されることもあります。
こういったことを他人事と思わずに、
例え自分は大丈夫でも、
離れて暮らす親御さんのことを心配する気持ちをもって欲しいと願います。

まだまだシッカリしてるから大丈夫、うちの親に限って、
などと過信しないで欲しい。

と言うのは、我が家でも似たようなことが、あったのですよ。
このことを私は、今日 知りました。


夫の両親と同居してるのですが、
我が家は、零細・家内企業で、
お得意様以外からでも、様々な営業の電話がかかってきます。

だいたい電話を取るのは、姑か私です。(8:2の比率です)
家業の采配・決定権は、義父が握っており、
義父のスケジュールの大方を把握してるのは、姑なので
顧客応対は姑の方が、手っ取り早いのです。

義理両親ともに留守の時は、私が電話番をしてますが、
かかってくる電話の4割は、セールス電話だったりします。

私は、まだセールス電話の内容が把握できるのと、
(カタカナ、横文字の会社名の電話が多いので、どんな会社か姑にはわからない)
私は、その手の電話に煩わされるのが苦痛なので、
二度と電話をかけてこられないように、キッパリと拒絶の対応をするのですが、
姑の場合、特に通信関係の社名を名乗るセールスには、チンプンカンプンなので、
「自分では、よく分からないので、後で再度電話下さい」と対応しています。
それで良かったのです。それで良いのです。

が、・・・・
その時に限っては、どうしたことか?
相手の話術や誘導が巧みだったのか、
姑の判断で契約をしてしまい、(何の契約か私は聞かされてない)
しかも、その契約を家の者達に伝え忘れてたのか?
そもそも、契約をした意識さえなかったのか?
その時点では、義父も夫も私も、その契約がなされたことを
知らなかったのですが、
領収書の仕分けをしてる時に、夫が この領収書は何だ?と気が付き、
不審に思った夫が母親に確認をとったところ、
姑は、よく分からない契約をしてしまったと、素直に認め、
夫は、そのセールス先に契約解除の電話をして、コトは解決したのでした。
2ヶ月間、余計な支払いをしていたことになります。

コトが解決したのは、今日です。

今日の昼頃、夫が隣の部屋で、何か断りの電話をしてる話し声が聞こえて、
電話を終えた夫に、私が、どうしたの?と聞いて、
夫は、言葉をところどころ濁しながら、私に、サラ~っと説明したのでした。
たぶん、詳しく説明しなかったのは、自分の母親の失敗を私には隠しておきたかったのでしょう。
姑の失敗を庇いたい、そんな雰囲気を夫から感じました。

なので私は、大きな損害になる前に気づいて良かったね、とだけ言いました。

ただ・・・、私は、普段 根本的に姑と(舅とも)ウマが合わなくとも、
今回のような、年寄りが起こしてしまいがちなアレコレを
失敗だと責めようとも思わないし、
起こったことは、それはそれで、今後に活かせればと考えるのだけど。。。

何より、話を聞いて、なんとなく全容が把握できた時に、
真っ先に頭に浮かんだのが、自分の実家の親のことでしたから。
同じようなセールスに引っかかってないか?大丈夫だろうか?

私の実家は、自営業でもないし、
夫の母親のように、普段からニュースも意識を持って見ていない親なので、
義理の両親よりも、余程 心配なのです。

今回の件での損害と言うのか(詳しく教えてもらってないので、詐欺事件かどうかは不明だが)、
無駄に支払った金額は、数千円のことです。
夫が正しく報告してるなら(過小報告かも)
ん~~~、こうして記事にしてながら、
もしかしたら、けっこう高額だったりして・・という気もしてきた。

姑はプライドが高い性格だし、夫も母親思いだし、嫁は他人だし、
嫁には隠しておきたいことも、あるだろうが、
この件については、
私が知ることで、今後の予防対策になることだって、あるのにな・・・。

この手のことで、責めたりするような、意地悪じゃないですけど私。


とにかく、皆さん!!
ご両親と離れて暮らしてる方は特に、
たまに、電話でも帰省でも、
老人被害になりそうなことは、子供の立場から優しく、親御さんに、
注意喚起してあげて下さい。


愚か者の50代・・・!!

薄々 感じていたことだけど、
今の50代って、今の50代って・・・
愚か者集団!?! obakasan?

今の50代って、いわゆるバブル世代なんだけど、
うちの夫52歳バブル世代、私49歳バブルの尻尾の先っぽ世代。

私も夫も何故か?バブルの恩恵にあやかったという明確な記憶は無いのだけど、
確かに、当時のトレンディドラマ、流行り、世の中は、華やかなりし時代だった。

アッシー、メッシー、三高などと言うワードがあって、
バブル世代の女子は、美女も非美女もひっくるめて
鼻持ちならない高慢な女性が多かったんじゃないかと思う。
自分のスペックもかえりみず、求めることは一流きどり・・・

世の景気が良いのだから、実力以上の収入だったりして、
気前よく散財できてた時代の申し子達も、バブル崩壊とともに、
本来の身の丈に合った生活になって、
メデタシ・メデタシ
とは、なっていないようです

最近、たまたま目を通した記事で、
今の50代の約3割が貯蓄ゼロだとか。。。
見栄と欲望を捨てきれないまま、生活レベルを落とせず ズルズルと生きてる世代ですと。。。
車、マンション、ブランド品、旅行、食事にお酒に・・・

バブルの恩恵にあやかってないと思いながらも・・・、
やはり、同年代の者同士で会話した内容を振り返ると、
何 言っちゃてるんだろう、てなことアルアルです。

よく、「死ぬ時、棺桶にお金は入れられない」「あの世にお金は持っていけない」
だから、生きてるうちにお金をつかおう!みたいなこと聞いたり、言ったりしたことありません?

それって、
死ぬ時に、使い切れない程のお金が余ってる(余ってるだろう)という人だから、言える言葉ですよね。
少なくとも、ある程度の資産がある人が言える言葉。

まだまだ資産形成の途中や、ましてや
今、収入が途絶えたら困るような人が言う言葉じゃない。

この記事は、自戒の念を込めてるのですが、

私も若い頃、「チマチマと小銭まで細かい男なんか嫌よね~」
とか言ったり思ってました。

今の私は、小銭も大事にして、細かい利息や手数料までコダワル男性がイイです。

アリとキリギリスじゃないけれど、
世の中が浮足立っていた時代から、節度を保ってコツコツと努力や貯蓄を積んできた人には、現時点で大きな差がついています。
これが、格差ということなのかと思います。

環境の整備(ネット環境、金融商品のラインナップなど)の違いも大きいと思いますが、
今、投資カテゴリーのブロガーさん達の若いこと。
30代、20代と、時間を味方にできる年齢層です。
羨ましいなと思うのですが、
自分が20代、30代の頃を振り返ると、・・・。

若さゆえ~、馬鹿さゆえ~、という感じです。
いえ、きっと当時も自分の愚かさに自覚があったのだと思います。
馬鹿さゆえ~、ですよ。

これから、どうしていきましょう。
やれることをやっていく ですね。

続・50歳の自分費

前回の記事で、
冷蔵庫・食品庫の食品、
家にある現金(お財布と予備費封筒)、
金融機関の口座残高を自分方法でリセットすると書きました。

新年1月からの家計管理スタートの為です。

20日に生活費が渡されますので、そこから必要経費と積み立て費を分別して、
新たな気持ちで積み立てスタートです。

積み立て項目は、
ideco、積立ニーサ、現金貯金→資産積み立て
デパート友の会→衣類、革製品、装飾品の積み立て
上記をこれまで定額でしてきています。

これを今年からは、
ideco、積立ニーサは、同額継続し
現金貯金は、数千円増額します。

友の会は、同額積み立てし、革製品、装飾品の購入に。
更に項目を増やし、
衣類積み立て別枠で今年から開始することにしました。

というのは、
装いにかかる金額を年単位で予算内にしたいということ。
デパートでの衣類の購入が減り、ネット通販での購入が便利になってること。

靴、ハンドバックやベルト、財布などの革小物は、デパートのテナントで購入。
装飾品は、時計購入を意識してますが、友の会のデパートで直営店が入ってるので。
しかしながら、あまりガチガチに厳密にはしません。
靴は、スニーカーならスポーツ店で購入することもありますし、
銀座のかねまつ本店やショッピングモールのテナントなどで購入することもあります。
装飾品も本店で購入するかもしれないし、伊勢などに旅行に行ってパールを購入することもあるかもしれません。
衣類もコート類は、デパートで購入すると思いますので、あくまでも大まかです。

ただ、今までは、デパートで購入するものは友の会から、
それ以外は、その都度 生活費から出していたので、
ちょっと値の張るモノをその月の生活費から出金すると、
微妙に生活費の予算が狂ってしまったり、管理しにくくなっていたのです。

あらかじめ、友の会とは別に衣類費として積み立てをしておけば、
その中から出金することになるので、予算の管理が楽に、生活費が狂うこともなくなります。

ネットバンクのSBI銀行では、目的別に口座を分けることが出来るので、
そちらに衣類積立として毎月入金していきます。

友の会の積立と衣類積立の中で、装いに関するものは、まかないます。

で、現在の衣類積立額は、ゼロです。
友の会は満額ぷらす前年繰越しが入ってますので、
どうしても何かを近いうちに購入したい場合は、デパートで友の会からの出金になります。
ネットショッピングは、積立金が貯まるまで自粛です。
あ、 商品券があった!! 友の会か商品券でお買い物ですね。。。

予算内でまかなう意識の強化です。

50歳からは、本当に必要なもの、自分にとって意味のあるものだけを購入していきたいのです。


50歳の自分費

何度か同じことを書いているけれど、
私は今年の秋に50歳になります。

まだ10ヶ月間はギリギリ40代でいられるけれど、
その年になる年齢で考えてしまうので、細かいことは抜きにして、
新年からは、プレ50歳としての自分として考えていこうと思ってます。

よく、同年代同士が集まって、年齢を確かめ合い、
学年では1つ上とか下とか、3月産まれ、4月産まれとか(早生まれのこと)、
挙げ句には、12月産まれだから~とか、
聞いてるだけで面倒くさいと感じる私です。

赤ん坊や幼児期ならまだしも、イイ大人になって、数ヶ月の違いがナンナンダって思います。

話を戻しまして、
今、私のお財布にはジャスト5万円が入ってます。
元旦にお財布の中身をリセットしました。
元旦から今日まで、お金を使っていません。

去年の年末までに、今月分のカード引き落とし分の6割は指定口座に入金してあります。

ちなみに、私の生活費が渡されるのは、毎月20日。
なので、19日締めというわけです。
クレジットカードや積み立て費の引き落としは、26~です。

カード引き落とし分の6割というのは、
年末は、通常月よりも食費がかさむので、
前もって入金しておいたということです。

残りの約4割は、20日に受け取る生活費から入金します。

今お財布に入ってる5万円で、19日の締め日まで生活していかねばなりません。

食費と・・タバコ代(節約する者として、人として失格です はい)くらいなものでしょう。
食材のストックがかなりあるので、食費も最小限に抑えられそうです。

1月19日まで冷蔵庫、食品庫の中身の9割を食べ切る予定です。
残りの1割は、バターや調味料、乾麺という感じです。

食品ストックも年に何度かは、リセットが必要かなと。

銀行口座の残高も、引き落とし分と、一定の金額(予備費として)だけを残し、
あとは投資の積立に加算しようと決めました。
口座残高もリセットということです。来週の月曜7日に実行します。

災害に備えて、キャッシュも家に予備費として備えておきたいので、
それは、3万円(少ない?)を封筒に入れて別管理しておきます。

新年の1月は、お金もリセットし、
新たな気持ちで、積み立てを行っていきます。

楽天市場