よっコラム☆七転び八起き

よっこらしょっと腰が重いチョットなまくらの子供がいない極楽トンボ主婦です。 晩婚で結婚を機に都会から田舎生活に。アラウンド50のほぼ専業主婦してます。 食や美容健康と装い、マネー、同居生活のことを思いつくままに。

装い

暑さで気力 体力 思考がダウンしてました

私としては珍しくブログの更新が滞ってました。

今年の夏は、暑さと庭仕事で体が消耗しています。

ブログの記事作成も、日に一度は パソコンを開いてキーボードを打ち始めるのですが、今ひとつ 文章が続かない。
脳が働かないのです。
気の向くままに綴っている雑記事なので、脳ミソを使ってないと思ってましたが、
ちょっとは使ってたのですね。

今日は猛暑日から脱却し、幾らか涼しく過ごせています。

去年に、冷房の無い我が家での暑さを少しでも和らげる装いとして、
リネン ガウチョを購入したのですが、今年も活躍しています。

庭仕事の作業着から部屋着へと一日に2度は着替えるのですが、
ボトムスはジャージからガウチョへ。
トップスは、パーカーとTシャツからTシャツへ。

いわゆる基本形のTシャツって、
汗を吸いますし、動きやすいのと、お洗濯にも気を使わないので、作業着としては良いのですが、
気温の高い日には、暑くて、決して涼しい衣類では無いです。
風の通りがよろしく無いからでしょうね。

サラっと着れるブラウスの方が猛暑日には快適でしょう。
首元も袖も裾も開放的なデザインが風通しが良いのでしょうが、
胸元が見えたり、袖から脇周りが見えてしまうのは、ちょっと いただけない。

それらを考慮した涼しいトップスを3枚 揃えようと考えています。
室内着、近所に買い物にも着て出かけられるような。

私は体型にともなって立派な二の腕なんですが、
出すことに抵抗があまりありません。
脇周りが見えるのは嫌なので、フレンチスリーブあたりが妥当ですが、
肘上 真ん中当たりの中途半端な袖丈よりは、スッキリ見えるような気がします。

姑が、多分 お気に入りのトップスなんだと思うのですが、
深めのU首のカットソーを よく人前に出る時に着てるのですよ。
色はアイスブルーで、袖がレースチックなパフスリーブで。

深いU首なので、お辞儀をしても、屈んでも、胸元が丸見えで、
目のやり場に困るのです。

最初に目にした時、正直に言うと・・・今の何??? という感じでした。
皮膚の皮が、縦に波打っているような・・・。
いけないものを見てしまったような・・・。

上半身が華奢で、胸も殆ど無い体型なんですが、
年齢的にも体型的にも、ハリが無く、胸元に縦シワが寄ってるので、
そう見えたのだと思います。

皆平等に体も加齢し、個々の体型によって老化の出方もあるだろうし、
人様の体型のことを ましてや高齢な方の体型のことを アレコレ言うのは 下品なことなので、体型は どうでも良いのですが、
やはり、若さを失った年齢では、見せるよりも隠すファッションが見やすいでしょう。

お気に入りなのか、何故か・・・好んで着てるのです。
数年前に、他の同年代の女性から、
「レースのパフスリーブが可愛いけれど、ちょっと胸が開きすきじゃない?」
と指摘されてたのですが、あまり、気にとめてないようです。

けっこう 古びて・・・、断捨離要員だと思うのですが、今年も着ています。

なんというか・・・、
たまに 意識して胸元が開いたトップスを着てるようにも感じるのですよね。
第3ボタンまで開けてたりとか。
何をアピールしたいのか???

私から見ると、顔立ちと体型のバランス的に、似合って無いと見えるのですが。

襟付きの上品なブラウスが似合うと思っているのです。
ハイネックとか。

まぁ、ファッションは個人の自由に好きなものを着て良いのかもしれませんが。

高齢者ばかりの田舎暮らしなので、ファッションも美容も、身近では何の刺激も無いのですが、
自分に似合うスタイル、自分を分かってるスタイルをしてる人は、いくつになっても素敵ですね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ










made in japan バッグの遍歴と断捨離

以前に、バッグや革製品のメーカーを統一していないと、記事にしました。
持ち物は、革製品どれもが全てメーカー バラバラです。

今回は、これまでに購入した国産メーカーのバッグのことを記したいと思います。

1.  濱野皮革工藝・HAMANOのハンドバッグ
2.NAGATANIのハンドバッグ
3.  ペッレモルビダのトートバッグ
4.  ソメスサドルのショルダーバッグ

HAMANOのハンドバッグは、黒のワンハンドルです。
購入当時は、30歳になるか ならないかで、
美智子上皇后が好きな私は、皇室ウオッチャーでもあり、その関連書籍をよく読んでました。
関連書籍から濱野皮革工藝が皇室御用達と知り、興味を持ち、取扱店に実物を見に行きました。
作り、革の質感に納得し購入。当時、身近な誰とも被らないメーカーだったのも良かったです。
結婚してからは出番が無いのですが、数年前に当時購入したのと同じデザインのバッグが復刻版として登場したのを知りました。


NAGATANIのハンドバッグは、7年前にディノスのDAMAという通販誌に載っていたのを見て、
誕生日の時に夫からプレゼントしてもらいました。結婚した年の誕生日です。

結婚で田舎生活が始まり、自分の身なりや持ち物を気にするようになりました。
高齢者ばかりの小さな町です。ヨソから来た私は、
華美に見られる装い、ひと目でブランドが判る持ち物は、避けるべきだと考えました。
NAGATANIのハンドバッグは、ブランドロゴやアイコンなど一切無い点も良かったのです。
A4サイズが入るので、会議や講習会の時にも使用してましたが、ボチボチ型崩れしてきています。
このバッグも、今年のDAMA最新号(秋)に、色違いで同じデザインの物が再登場しています。


ペッレモルビダのバッグは、いくつか前に記事にしてますが、
こちらも雑誌の掲載で見つけ、本店で購入しました。
軽くて柔らかい革のトートは、普段使いに愛用しています。
購入から5~6年経ってますが、革の劣化も 型崩れもしてません。


ソメスサドルのショルダーは、何かの記念品として頂いたので、自ら選んだ物ではありません。
色が淡いピンクでSOMESっぽくない色で、可愛かったので何度か使用しましたが、
肩掛けのベルトが、バッグとの接続部分で ねじれたりして、扱うのが面倒になったので、
ブランディア(買い取り業者)に売ってしまいました。
定価3万円弱のバッグが2千円で買い取られたのでラッキーでした。

自分で選んだ物では無いので思い入れもなく、他のバッグと共に、アッサリと売りました。


これらの4点が これまで使用した国産のバッグです。

SOMESは頂きもので、上記の理由から すぐに手放して断捨離済み。
ペッレモルビダのトートも現在 活躍中ですし、断捨離リストからは外しています。

断捨離の悩みどころは、HAMANOとNAGATANIです。
20年、7年と時が経ってますが、現在 どちらも復刻版が販売中です。
なので古臭さを感じない、定番化となりやすいデザインなんだと思います。

HAMANOの革は、滑らかなカーフ素材で、購入から20年経過してますから、
多少の目立たない傷はあるものの、劣化も型崩れもしていません。
結婚前に初めて この家に挨拶訪問に来た時に使用したのが最後です。
それから7年・・・未使用。
世のミニマリストさんなら、即 断捨離でしょう。
しかし私は、まだ とっておきたい気持ちも。。。
この先、どなたかの結婚式にお招きされた時にでも使うかなぁ。。。

ブラック×ゴールド
NAGATANI/ナガタニ グローブホルダー&パスケース付き ダブルファスナー バッグ コーディネート例


NAGATANIのバッグは、シュリンクレザー(私物はモカグレーシュ)で、
その革質は、しなやかな風合いで、そのためか 経年劣化しやすいのかもしれません。雨・雪にもけっこう当たったのも原因かな。
自分でしか気にならない程度の劣化なのかもしれませんが、革がヨレてきてるような・・・そもそも頑丈な革質でも無いのでしょう。

あ  こうして、文字で表現することで、気付きが!!

よく、革製品に関して、【使い込んだ風合いが、これまた云々・・・】と、
古くなって徐々に劣化してきても味がある、という、これ。

私は、革製品に関して、その感性は無いのだと今 気が付きました。
度合いにもよりますが、型崩れが自分の中で気になってきたなら、もうテンションは下がる、ということを。

そうか、あくまでも自分基準ですが、
いつもキレイな状態の革製品を持っていたいのですよね。
型崩れ、表面の革のヨレや カド(底の四隅)の革の剥げが目に付いたら、
気分が下がる。

革は、使用してるうちに劣化していくものです。
たまたま、HAMANOのバッグは、形がカッチリしているのと、
似たようなワンハンドルの台形型のバッグを いくつか持ってるので、
ローテーションが組まれて、劣化せずに保っていたのだと思います。

あー、そう考えると、持っている 台形型のバッグは  海外ブランドのも含めて、
シャキシャキ、ピンピンしています。

荷物を詰め込みがちのトートタイプやA4サイズのバッグは、特にシュリンクレザーですと、型崩れやすい。

そう 気がついたところで、
やはり、NAGATANIの7年生は、今年で卒業させることにします。
あと、海外ブランドのトートも一つありますが、そちらも一緒に断捨離です。

世間の感覚では無く、自分の本能に従うべきですよね。
今さらですが。
これで、2つ追加でバッグを断捨離します。

断捨離 決定していたのが2個と、今日の気づきの追加で2個、
合計4個のバッグの断捨離が決定しました。

ブログって、自分の気持ちの整理や気付きがあるから、イイですよね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ


お揃いのバッグを発見!

リアルでは、洋服や持ち物が人と被るのは好まないのですが、
ヨソサマのブログを読んでいて、あ  私と同じバッグ!!を発見し、
なんだか嬉しくなりました。

ブログ村のランキングサイトで見つけて読んでいたブログですが、
ファッションに関する記事に興味を持って読みすすめていくと、
その方が愛用しているバッグの画像がいくつか紹介されてまして、
そのうちの一つが、私と同じものでした。

ペッレモルビダという国産メーカーのバッグです。

【7/19迄★ケアセット+Wプレゼント付】 PELLE MORBIDA ペッレモルビダ バッグMarina マリーナ スムースレザートートバッグ PMO-MA005レディース LC モルビダ ペレモルビダ 日本製 ギフト かわいい おしゃれ プレゼント ブランド

そのブロガーさんも私も このバッグの黒です。

私が購入のキッカケとなったのは、喫茶店に置いてあったファッション雑誌の広告ページで見て、
(広告ページはベージュと黒のコンビでした)でした。

2~3年前かな。

ちょうど、その数日後に歌舞伎鑑賞に東京へ行く予定でしたので、
銀座のペッレモルビダの住所をメモして、実物を見に行きました。

実店舗では、雑誌で見たベージュと黒のコンビは品切れだったのですが、
陳列棚の黒を見て、手にしたところ、
皮がなめらかで柔らかく軽くて、お値段も優しい。普段使いに良いなと思い購入を決めました。

リンクを貼っておきます

購入してから数年(2~3年)経ちますが、現在も 軽くて使いやすいので活用中です。

同じバッグだったブロガーさんは、私より少しお若い年齢かな?
詳しいことは 分かりませんが、記事の内容から伺うに・・・
もしかして同年代か?それより 少しお若いか?と勝手に判断しました。

被っているのは、画像の黒のバッグだけですが、
他の画像を見て・・・色々と購入歴があるのが伺えるのですが、
通った道筋が、なんとなく似通っているという感想を勝手に持ちました。

高品質、高級品を知っている世代。

私の場合、主婦になり、自分で稼いだ収入が無くなってから、
バッグを選ぶ時に、モロモロの気持ちの揺らぎが、今でもあります。

デザインの洗練度、質感が良い物は、やはりブランド品が多く、
しかし、では それを・・・とは、なかなか決断できない。
原資は、夫の収入と思うと なかなか高額商品を選べないジレンマです。

それで、デザインと品質も それなりに納得できて、コスパの良いものを・・・
と考えるようになるのですが、そのチョイスが似てるような気がしたのです。

そのブロガーさんは、ペッレモルビダで落ち着いたようです。

私は、メイン・ブランドをなかなか決められないし、
やはり高額商品の良さとオーラに魅力を感じています。

コレクターのごとく 幾つもは要らないけれど、バッグは3つ、とも決定できないのです。

色も1色には決定できず。揺ら揺らしています。

いつかは、必要な個数と色を決定できる時がくるのか?判りませんが、
今は まだ揺らいでいようかと。

決定してしまうと、装いの全てに統一感も出ますし、迷いも無くなって、
楽になれるのですがね・・・。
わかっちゃいるのですが。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ



カテゴリ
楽天市場
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ