よっコラム☆七転び八起き

よっこらしょっ!肩の力を抜いて日々の雑感をつづります。 アラウンド50の子供のいない専業主婦。時々、家業手伝い。らくちん主義です。 アラ50ならではの美容健康と装い、ラク家事食事、夫、同居のこと。お金。 田舎生活、都会で息抜き、そんなことを。

義理の親

テレビと電気と義理父

食後の7時から、また映画鑑賞に興じてる夫。
Amazonプライムビデオ フル利用してます。

聞くところによると、子供の頃からテレビっ子だったとか。
刑事コロンボ、白バイ野郎ジョン&パンチ、ビバリーヒルズ白書・・見てたらしい。
そんな頃から海外ドラマを見てたのかぁ。
私は、大草原の小さなお家 くらいしか記憶がないな。

田舎っ子ですからね。テレビが娯楽だったのでしょうかね。

そう、ここの家は、住んでる人間の数よりテレビの台数の方が多いのですよ。
1階の義理両親エリアは、
 キッチン、義母の部屋、義父の部屋、リビング、和室、
2階の夫と私のエリアは、
 リビングとして使ってる部屋、義弟が帰省した時に使用する洋室、
全部で7台のテレビがあるのです。
どんだけテレビ好きな家族なんでしょうね。

義弟の部屋以外は、6台が毎日フル稼働してます。

この中の1台でも寿命がきたら、新しいテレビを購入すると思うのですが、
一気に寿命がこないことを願います。
ま、2階の私達のリビング以外は、買うのは義父でしょうけど。

ちなみに、義父の趣味なので自慢でも何でもないですが、
家の庭には、冬場は電飾がキラキラとライトアップしています。

私はキラキラは好きですけど、
我が家の庭のキラキラは、無駄だなと思うのです。
しかも、
我が家の2階にはトイレが2つあるのですが、
私達夫婦が出掛けた時に、義父は偵察に2階にあがってきて、
ご丁寧に、2箇所の洋式トイレの便座の暖房のコンセントを抜いたり、
キッチンの換気扇を切ったりして下さるのです。
電気代の無駄だという理由で・・。

庭の電飾の方が無駄のような気がするのですがね。。。

人間に矛盾はあるものなので、もう慣れましたが。


ちょっとウザっ

昨日、夫からお年玉を頂きました。

こちらの記事→夫からお年玉

頂いたお年玉は、今年の分でした。
封を切らずに箱に保管しています。
お年玉封筒の数が10枚になったら、何か買うかもしれませんが、
いつかの使い途は、まだわかりません。

何かを買うことよりも、1年間の夫からの感謝の気持ちが、大事なことなのです。

話は変わり、今朝の話になるのですが、
数ヶ月前に夫の小学校の頃の同級生の一家が【夜逃げ】したという話を聞きました。
詳しくは、同級生のご両親が、この町から居なくなったようなのですが、
その理由は、聞いた数ヶ月前では、不明でした。
最近になって、どこからか情報が、我が家の義理両親のもとに入ってきたのでしょう。
聞いた情報では、
お母さんが投資に失敗をして、会社のお金(自営だった)に、手をつけていたらしいのですが、それでも工面できなくなり、
夫婦で夜逃げとなったようです。

その情報を姑が夫に朝、伝えてきたらしい。
で、夫が私に伝えてきて。

話を聞いた私は、
はは~ん
お義母さん(義父も)、私のことを心配してるんでしょ。
と夫に聞き返しました。

というのは、自宅に届く私宛の郵便物で、証券会社から書類が届くことがあるのですが、
義父と義母にすると、聞いたこともない証券会社(ネット証券)から、
頻繁に書類が届く(定期的なんだけど)のが不審に思えるらしいのです。

嫁は、株か何かをやっているのか?と。

田舎の高齢者にとって、株などは、資産を失うギャンブルのような感覚なのでしょう。
夫にも証券会社から書類が届くことはあるのですが、
息子の郵便物に対しては、あまり意識が向いてないのかもしれません。

私は過去に私宛の郵便物を舅に開けられてたことが、ありました。
気になって、ショーがなかったのだと思います。
ただ、その郵便物は、デパート友の会の満期の知らせのハガキだったのですが。

それとなく、舅から夫に私の郵便物の探りが入ったことがあって、
単純な夫は、「あ~、投資関係の書類でしょ」と答えたらしいのですが、
その返答が、ますます義理両親を不安にさせたのかもです。

今朝は、夫は姑から、
「◯◯さんのとこ、そういう理由だったらしいけど、嫁は大丈夫なのかい?」と、
やはり私のことを聞いてきたようです。

夫は、安全なことしかしてないから大丈夫だよ。
と答えたらしいのですが。

安全と言われても、姑には何がどうして安全なのか理解不能だと思います。

私としては、年代的に無知からくる心配というのは、わかるのですが、
本音を言えば、ウザいのです。
確かに、出費も貯金も投資も、お金の出処は夫なんですが、
毎月の渡されてる生活費の範囲内でやってることで、
やってることは、投資であって、ギャンブルでもなければ投機でもありません。

いちいち、探りを入れられるのも・・・。
気持ちは、わかるのですがね。

ちなみに、夜逃げの原因になった投資とやらは、先物取引だったそうです。

先物って、

私の感覚では、投機なんですが、
その説明を義両親にする気力も解説力もないし。。。

始末の悪いことに、姑という人間は、
自分の思い込みで決めつけて、周囲の人間に言いまわるのですよ。
田舎の高齢者達ですよ・・・聞いて、どう受け止めるのか?
で、更に始末の悪いことに、聞いた人の中には、
ご丁寧に私に忠告してくる人がいるのですよ
遠回しな言い方で。。。

田舎での暮らしと同居の面倒臭さは、
意外な点にもあるのですよ。

今朝の夫の「大丈夫だよ」で、納得してくれてるかな~。
夫にしても、こーで、あーでと説明するのも大変だと思います。

やれやれ。

面倒よのぅ😞

悲しい知らせに怒る義父は、何が言いたい?

60才以上の女性が数人集まると、決まって病気・健康の話が話題にのぼります。
人の噂話よりかは、生産性があるとも言えるので、悪いことでは無いと思います。

急激に気温が低くなってくると、弱っている身体にショックを与えてしまうのでしょう、訃報もポツポツと耳にします。
自分と同年代の方の悲しい知らせは、何かを思うのでしょう、沈んだ気持ちになっているのが、見て取れます。

昨日は、更に悲しい知らせが届き、
90才の男性の自死の知らせが。
うちの舅が息子である夫を呼びつけてした話では、

息子さん夫婦と同居していた90才の男性は、息子さん夫婦との仲がうまくいってなかったそう。
そのことを苦にしての自死だと舅の説明だったそうな。

その話を夫から聞いた私は、舅の説明の意図が感じられて憤りを覚えてしまいました。
「お義父さん 怒りながら、その亡くなった男性の息子さん夫婦のことを
 けしからん親不孝モノのような言い方をした説明だったでしょ」と夫に聞くと、
やはりその様子。

私はこの田舎の出身ではないので、住民情報にはウトイこともあり、
更に夫に詳しく聞いたところ、
亡くなった男性の奥様は、何年か前から病気で施設生活に。
男性は、数年前から鬱の傾向が見られていた。
代々農業を営んでいて、息子さんが継承し、仕事に波はなく順調そうであったとのこと。

自らの命を絶つなんて、どう想像しても悲しいことにしかならないが、
息子さん夫婦との不仲が原因と安易に言えるのだろうか。
言えるかもしれないし、言えないかもしれない。
事実は、解らないのである。
我が家のお得意様でもあるご家庭なので、明日からの葬儀に舅も夫も参列するが、
夫には、念押ししたが、息子さん夫婦を責めるような表情や態度をしてはならないと願う。

こんな小さな田舎町のことで、人の口に戸は立てられない。
高齢化が進んだ過疎化の町は、時に、人に残酷だ。
数の力が働いてしまうことがある。
子供世代の数よりも老親世代の数の方が多いのだ。
親を大切にしろ、高齢者を敬え。と住民の多数が思ってることになるだろう。
事実や内情なんて、外からは計り知れないことがあるものなのに。
息子さん夫婦は、これからも、この町で家業を営んで生活していかなくてはならないのである。

しっかし、うちの舅と姑は、何でもかんでも、自分達に都合良く解釈し、
それを人に押し付ける。
今回も外出先から帰宅したばかりの夫を呼びつけて、
先程のような説明をし、夫を通して、何かを言わんとしてることがスケスケである。

まぁ、1つ安心できることがある。
自分たちが有利になるように意図的に情報操作するような人間は、
おそらく、その調子で生き続けるであろうと。

人生100年時代を考えてゾッとして・・

最近、皆さんホント長生きですよね、ここの町内の訃報も、たいてい80代後半か女性は90代です。

〇〇さんのお婆ちゃんが亡くなったって、「え?おいくつ?」93歳だって、
「あ、そう。だったらご家族も気持ちの用意はできてたかな」という感じで、
90歳を越えていると知ると、訃報もすんなり受けとめられる気持ちになります。

90歳まで、私も夫も、あと40年前後。。。けっこう長いなと思いますが、
昭和40年代生まれの年代は、そんなに長生きできるかなと、
ジャンクフードや食品添加物の摂取量が多い年代だと思うので、 なんとも。

それより何より、不謹慎な話ですが、
ここの舅と姑は、どれぐらい長生きするんだろう。と考えてしまいます。

今現在、舅76歳と姑75歳なんですよ。
舅は、誰もが認めるくらい健康で、元気です。広い意味でまだまだ現役です
姑は、虚弱アピール、病弱アピールが半端ない人ですが、
特に持病もなく、薬の服用、通院もしてないので、それなりに健康体で充分長生きすると思います。
しかし、かまってちゃんなので、長くは生きられないとか、身体のどこかに癌があるかもしれないとか、しょっちゅう言っていて、辟易します。
そんなに、心配して欲しいのかしらね。

誰しも、先の予測なんて出来ないものですが、
姑は、長寿家系でもあるし、
舅は、お姉さんが3年前に膵臓癌で75歳で亡くなってますが、両親も兄も80代半ばまでは生きてましたから、まだ先は長いと思います。おそらく義両親は90歳代まで生きてることでしょう。

旅行が大好きな義両親で、年に数回、毎回1週間程の旅に出かけてます。
で、舅が毎度、私達に言う言葉は、
老い先、長くはないから、行けるうちに旅行に行かせてもらう。

夫は、俺たちの方が先に老いぼれていくんじゃないか。などと、笑えないことを言ってます。

たまに聞く素敵な話で、
70歳過ぎた老夫婦が、息子達夫婦と同居を解消して、都心部のマンションに越してシニアライフを楽しむ、というのを聞きますが、
なんて豊かで粋なんでしょう心底 羨ましく憧れます。そんな老夫婦になりたいものです。

ここの義親達は、子供が親の面倒を看るのは当たり前だと言い、舅は何が何でも老人施設に入るのは拒むと言います。

大半の老親の本音だとも思いますが、平気で私の前で宣言する神経にイラつきます。

嫌いな嫁に面倒みてもらいたいと思いますか?普通。
散々、好きなように生きてきて、人生の終盤まで息子夫婦に負担をかけて、
介護費をケチるつもりなのか・・・。想像しただけで、ゾッとします。

人生100年時代、そんなに有難いことでもないな。



姑という狡猾ながらも愚かなオンナ

姑について何度か記事で触れてきたが、改めて書こうと思う。

嫁である私・姑の仲は、表面的にはお互い何事もないように振舞ってる。
たまに、表情や声色で腹にイチモツあることが伝わってくるが、私は何食わぬ態度で接している。
今となっては、イチモツありが伝わってくる時よりも、甘ったるい声色で妙に親切にしてくる時のほうが不気味だ。

そんな時はたいてい直近に、舅や息子(夫の弟)、姑の身近な知人に、私のネガティブキャンペーンをしていたに違いない。

そう気づくことが、何度かあったので、私の被害妄想ではないと思う。
田舎の人は、良くも悪くも単純で、正直に態度に表すものだ。聞いたままに判断するのだろう。
よそ者よりは、長い付き合いの人の方が信用されるのも仕方ない。
姑の身近な知人の殆どは、家業のお得意様でもある。お得意様からのサポートなしでは、成り立たない家業でもあるので、
姑もお得意様に対しては、良き人として接してきてるだろうし、信頼関係も構築されてるはずだ。

ただ・・ここで一つ、勤め人経験がなく、視野の狭い人間の甘さというか、愚かさというか・・・
家業のことに話は飛ぶが、小さな家内企業の我が家は、
簡単に言ってしまえば、じーちゃん とーちゃん、姑 嫁で団結しながら、メインの役割、裏方の役割をこなしていくべきなのだが、
家族内の問題・姑vs嫁の問題すなわち嫁のネガティブキャンペーンをお得意様に広げて、家業に何の得になるのか、ということだ。

今はまだいい。家業の仕切りは、表舞台も裏方も舅と姑が中心となってやっているから。
夫に代替わりはしてるのだが、舅も姑も自分達がまだまだ中心となって仕切っていたいようで、
実質は代替わりしてないも同然である。
自分達の良き理解者や味方が多いと心強いこともあるだろう。
が、しかし、
息子である夫が早世しないかぎりは、いつかは実質的にも代替わりする時が必ずやってくる。
それに伴って、裏方の仕事も私がやりくりしていくようになるのだ。

特に裏方仕事はお得意様の協力やサポートが必要となる。
さんざん嫁の悪評を吹き込んで・・お得意様からの協力を得られない状況になったとしたなら、
困るのは誰なのか、その先の家業への影響は。

そこまで考えが回らない女の浅知恵・・・。
ただただ、自分の味方を増やし、嫁の立場を低くしたいがための個人的感情で、
巧みにネガティブキャンペーンをしてるつもりなんだろうけど、
その先は可愛い息子の首を絞めることになり兼ねないのに。

私が困る?そんなことには、ならない。
私は正しいことをやっていけば、困ることにはならない
心配なのは息子である夫のほうだ。いつまでも表舞台に上がれないことは、成長を止めてしまうことだ。
過保護に育てたように育った息子である。
良妻賢母の仮面をかぶって振舞ってきた姑が、良妻かどうかは私には判断できないが、賢母ではないと断言できる。

離れたところでサラリーマンをしている息子(夫の弟)にとっては、賢母というよりか優しい母だろうけれど。
斜陽になりつつある家業を営む息子の母としては、愚母である。

もっとソフトにユーモアを交えて姑のことを記事にするはずだったが、
タイピングしていくうちに、感情が出てしまった。

この辺で終わりにしよう。😓

楽天市場