よっコラム☆七転び八起き

よっこらしょっ!肩の力を抜いて日々の雑感をつづります。 アラウンド50の子供のいない専業主婦。時々、家業手伝い。らくちん主義です。 アラ50ならではの美容健康と装い、ラク家事食事、夫、同居のこと。お金。 田舎生活、都会で息抜き、そんなことを。

夫婦

バレンタインdayもホワイトdayもXmasも無い夫婦

今日はバレンタインdayでしたね。
つい先週までは覚えてましたが、週明けて 忘れていました。

そもそも我が家では、
バレンタインdayもホワイトdayもXmasもイベントは行っていません。

高級チョコよりもスーパーやコンビニで売ってる昔ながらのチョコレートを夫は好むことと、
チョコもクッキーもケーキも食べたい時に食べています。
(そういう問題じゃない?)

ただ、今年は先週だったかな?夫が出張先で早めのバレンタインチョコを
飲食店の女性から頂いてきて、
それらを私は、しっかり味わいました。毎年そんな感じです。

さっき夫に、
今日バレンタインだったんだね、と言うと「そーだね」と気のない返事でした。
気持ちの問題として、チョコレート欲しかったのかな?
準備してないものは、しょーがないので、
そのうちバスローブでもプレゼントしようかな。

今治産 Fit-Use(フィットユース)バスローブ シンプルデザイン 2Lサイズ 蛍光染料不使用【送料無料】※ラッピング別売り雑誌「ひよこクラブ」掲載メンズ 男性用 父の日 敬老の日 内祝い ペアに出来る豊富なサイズ展開のバスローブ

やや薄手で軽量のバスローブが、速乾で肩も凝らずイイらしいです。


夫婦の仲を引き裂く それは旅行

成田離婚という言葉が昔流行った記憶があるけれど、今もそんな言葉があるのだろうか?

新婚旅行の時に、それまで気付かなかった相手の嫌な面が見えてしまい、離婚に至ることを言うのだけれど、
新婚じゃなくても、旅行の時は、今まで あえてベールに包んで気付かないふりをしていたことが露呈されることがある。

薄々わかっていたけれども、自分のことしか考えてない、気が利かない、間抜けだ、頼りにならない、ケチくさい・・・などなどね。

今回の東京行きでは、ほとんど行きと帰りの空港内でしか、夫と行動をともにしていない。
というか、私達夫婦は、新婚旅行も行ってないし、観光旅行もしたことないし、
旅行というのはしたことが無いという夫婦である。

家業柄、夫婦で何日も家を空けるわけにいかない、という理由もあるし、
たとえ、どうにか調整して何泊か遠出できそう!という頃合いの時は、
旅行大好き義理両親が、旅行に行ってしまうので、私は留守番しなくては ならないから。

なので、せいぜい夫の一泊程度の出張のときに、私が便乗するしか無いという・・
現地では、夫は夫の用事、私はフリータイムという設定なのである。
こんな時の外出は、さすがに夫の両親も文句は言ってこないが、
内心どう思っているのやら・・・だけど そんなことまで気にしていたら、
私は、田舎に埋もれて息が出来なくなるので、気にしていない。

今回の一泊編で、夫がやらかしてくれたことは、
まずはホテル。
家では、トイレが2つあって、夫用、私用として使用しているが、
ホテルの部屋では1つなので、共有することになる。
夫の使用後に入ったトイレは、【大】の後で・・
その臭いに 参ってしまった。吐きそうになった。
腸のどこか悪いのではないだろうか。

帰りの空港では、登場前の手続きの時に焦ったのは、
夫が予約していたのは、帰る日ではなく、帰る日の翌日だった
予約の日にちの間違いをしていたのである。
キャンセル手続きをして、新たに当日予約をしたので、帰ることは出来たけれど・・・。間抜けすぎる。

夫は、普段から慎重な(トロいだけ)わりには、ミスがある。
出かける時も、指差し確認をして忘れ物チェックをするのだが、
だいたい何かを忘れて出掛けて、家に戻ってくる。
予定表も書き込んでるのに、スッポリ予定を忘れていることも。

人の失敗?をなじることは、優しさが足りないと思うけれど、
日頃の姑の夫への買いかぶりように、
例えば、私がしたことでも、人には息子の労力のように言う、
私のアイディアでも、人には息子の手柄のように言う、
私へのあら捜しは、すんばらしく細かいが、
息子の失敗は、仕事の過労が原因だと言う。

そんなことへのストレスや鬱憤が溜まってる私は、
時おり、夫のミスをなじってしまいがち。(大人げ無いのは承知してる)

適齢期の息子を持ち、息子さんが結婚したなら同居予定の親御さん!!
日頃こんな具合に嫁を蔑んでいると、
あなたの大事な息子さんは、お嫁さんに大切にされなくなりますよ~~。

声を大にして忠告したい。
今どき、息子夫婦と同居する親も少ないか・・。
同居を強要するくらいの親だから、こんなものなのかも、とも言える。

ま、そんなんで、帰りはシラーっとした雰囲気の時間がありました。

たったの1泊でも、こんなことがあるのだから、
連泊の旅行でもして、ポロポロと何かあったなら、
結婚して10年とか経っていても成田離婚とかあるかもしれません。

脆い夫婦だわ。

今日は料理をサボりたい

一般的な家庭料理であれば、
今の時代、スマホやパソコンで料理の名前を入力すると、
材料から手順まで画像つきで出てくるし、
調理器具だって扱いやすいものが沢山出回り、手に入る時代なので、
どんな新米主婦でも、やる気になれば一通りの家庭料理なら作れると思う。

ただ やはり、美味い、下手はある。
それは、探究心とか経験で補っていけると思います。
外食で、自分の目や舌に経験を積ませるのも効果があると私は思います。

今日の私は、体調は普通、最近は暇なので疲れもない。
だけど、けれど・・・
今日は料理(夕飯つくり)をサボりたいので、サボらせていただきます。

理由は、
夫の出張がトビトビであったので、量をセーブして食材を買っていて、
それらを大体 食べ尽くしてしまい、食材が乏しいこと。
しかし、また明日から夫婦で出かけるので、買い物に出るのは面倒。
それから、
私が自分の手料理に舌が飽きた、ということ。

毎日、献立を変えて作っていても、自分の料理に飽きることってないですか?

子供が居なくて、一見フットワークが軽そうな夫婦でも、
田舎住まいになると外食の頻度って少ないものです。

夫は会食の頻度が多いので、家で食べられる時は、家で食べたいようですが、
私は、飽きてくるのですよ 自分で作る家庭料理に・・・。

主婦の料理って、自分の嫌いなものは避けがちですけど、
結局、自分以外の家族を主体に考えて作るので、
どこかで欲求不満になるのだと思います。

特に独身時代が長く、休日には一人でも数人でも食べ歩きが趣味になっていた私は、そうなりがちかもしれません。

辛くてスパイシーな料理や・・・色々なもの、
結婚してからは食べる機会が無くなりました。
近場に食べられる店が無いですもの。
これが、結婚していたとしても、住む場所が変わってなければ、
そうでもなかったかもしれません。田舎に来てしまいましたからね。
しょーがない。

まぁ、今夜は近所の焼き肉屋さんに出掛けます。
そこは、年配の女性一人で切り盛りしてるので、
サイドメニューとか、お肉の部位の種類とかは多くはないのですが、
味は良いのです。
つけダレの味も良し、お肉も新鮮で、カットの仕方も良し、
庶民的なお値段なのも良しです。
人口の少ない田舎なので、充分なんです。

都市部の料理屋さんでも、値段だけが高級で、
味が今ひとつ・・ってとこは多いですよね。
当たり外れがある。

さてろ、そろそろ出かける準備しようかな。
とは言っても歩いて7,8分なので、
眉毛をササッと描くだけです。デニムとセーターです。
夫は、長靴で行く気だろうな。。。

冷たい妻だけど、今夜は蟹鍋

風邪の引き始めなのか、アレルギー性鼻炎なのか?の夫は、夜から仕事に出掛けました。

今日は、午後から、ビッシリ書斎に閉じこもって事務仕事をしていたので、
さぞかし捗ったことでしょう。

まさか、パソコンでゲームをしたり、youtubeなどに興じていたことは無いと思いたいです。

夕刻になって、夕食の支度に取り掛かろうとすると、
夫が、仕事が入ってるので、これから出掛けて、帰宅は8時頃、夕食は帰宅してから食べたいとの申し出があったので、
支度を取りやめ、炊飯器のスイッチだけ入れて、7時まで、またノンビリすることにしました。

今夜は鍋なので、鍋だし、野菜切りくらいしか、準備はありません。
去年の年末にコストコで、生ズワイガニ(冷凍)を買っていたのがあったので、
お鍋にします。

蟹は高蛋白、低カロリーで、お鍋は温まるし、おネギも沢山刻んで薬味にして、
最後は雑炊にしても良いかなぁと。

風邪か?鼻炎か?ですが、一応 病人食のつもりです。

年末のコストコは、蟹が沢山出てましたけど(タラバ、ズワイ、毛ガニ・・)
蟹の品質はどうでしょうかね。
コスパは良いと判断したので、味が良ければ・・・。

お出しを濃いめにとって、お塩、白だし、みりんで鍋だしにしました。
ちょっと薄味にしてます。
蟹からもお出しがでることでしょう。
私はポン酢を少し垂らして食べようかと思っています。




チッ いい加減にしろよ

1泊の出張から帰宅してきた夫。

私は一人の夜に、
老後の生活のこととか、
家計費のこととか、
資産形成のこととか・・・悲しいかな、お金のことばかり考えていた。

今現在、家計がカツカツということは無い。
会社も、同居してる義理親も、夫も私も、借金は無い。

生活がまかなえているのは、特別な贅沢をしてないからで、
無借金なのは、返済していけるアテがないから借りないからで、
決して、ゆとりや余裕があるということでもない。

先のことを考えると、誰しもそうなのかもしれないが、
不安だらけ。

私は、夫の懐具合や貯蓄も把握してないし、
夫のプライベートマネーの使い方に口出しもしてないが、
今日は、話の流れで、
で、昨夜はいったい、おいくら使ってきたの(昨晩の飲食代金のこと)?
と聞いてみた。

すると、夫は にっこり笑って、「ん、いっぱい」ですと。

馬鹿やろう。

私も相場をわかってるつもりだし、
夫も、私が大方の目安がついてることを分かっているし、
立場上、夫が締まり屋にはなれないのも理解できてるので、
アッサリと会話は終了したが、
馬鹿野郎め。







楽天市場