よっコラム☆七転び八起き

よっこらしょっと腰が重いチョットなまくらの子供がいない極楽トンボ主婦です。 晩婚で結婚を機に都会から田舎生活に。アラウンド50のほぼ専業主婦してます。 食や美容健康と装い、マネー、同居生活のことを思いつくままに。

ジアミンアレルギー

久しぶりに美容室でカラー予約

私は4~5年前に、白髪染めの染料基剤・ジアミンによるアレルギーを発症してから、
ジアミンフリー・ノンジアミンの白髪染めしか使用できなく、ほぼ自宅で白髪染めをしています。

マロン マインドカラーB 明るいブラウン(70g+70g)
マロン マインドカラーB 明るいブラウン(70g+70g)


シエロ オイルインヘアマニキュア シャイニーブラウン
シエロ オイルインヘアマニキュア シャイニーブラウン

上の画像のどちらかで、約20日おきに白髪染めしています。

ヘアマニキュアは、クシ型の容器で毛髪に満遍なく塗るだけなので 手軽ではあるのですが、
生え際の皮膚や頭皮に染料が付いてしまうと、なかなか落ちにくく厄介なので、
しっかり時間をかけられる時は、マロン マインドカラーで染めています。

40代の後半から白髪の量は年々増えてきていて、完璧に自分で染めるのは難しいです。

だったら、美容室で・・・と思うのが普通ですが、
ノンジアミンカラーの扱いがあるか? なかったら、現在までのところ
酸性カラー、つまり ヘアマニキュアになるのですか、
人の手作業ですので、美容師さんによっては素人と同じ様に頭皮に付いてしまうこともありますし、

私は疑り深いこともあって、美容室でカラーの時に使用してる刷毛は、
1回の使用のたびに、しっかり洗浄されてるのか
ノンジアミン染毛剤とジアミン染毛剤によって使い分けしてるのか
少しでも刷毛にジアミン染毛剤が残留していたら困る
そういった理由で、あれこれ考えるのであれば、自分で染めた方が手っ取り早い
と判断するので、自宅染めが多くなります。

しかしながら、頭部全体に白髪の量が増えてくると、手の届きにくい箇所は大変です。
頭皮に付かないように注意しながら塗るので尚更ということで。

美容室で染毛剤アレルギーの知識があり、対応されてるか、
毛髪の生え際ギリギリに染毛剤を塗る技術が上手な美容師さんか、
この2点が網羅されてる美容室を簡単に見つけられると助かるのです。

ないことは、ない。と思ってるのですが。

今日は、ここから近い市街地の美容室のホームページを探して、
ここだったら・・・、というサロンを見つけたので予約しました。

近いうちに会食があるので、カラーをプロにお任せしたいのです。

ホームページ内のうたい文句に、
安心・安全の商品セレクトと施術を心がけています、と。
スタッフには頭皮に付かないヘアマニキュアの技術があります、とも。

価格は少々お高めですが、1度試してみる価値があるかなと決めました。

良い美容室でありますように。

行ってきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ




今年最後のヘアカラー

厳密に言うと、
ヘアカラーと言うより白髪染めです。
染めと言うより着色とでもいうのかな。
頭皮アレルギー(ジアミンアレルギー)の染毛剤で。

マロン マインドカラー B(明るいブラウン)業務用(1・2剤 各70g×3)【RCP】
マロン マインドカラー B(明るいブラウン)業務用(1・2剤 各70g×3)【RCP】

マロン マインドカラー B明るいブラウン
マロン マインドカラー B明るいブラウン

5年前にジアミンアレルギーを発症してから、
マロンマインドカラーを愛用しています。ジアミンフリーの染毛剤です。
よくある1剤と2剤を混ぜて使うのではなく、
1剤を塗って、時間を置き、その上から2剤を塗る、というもので、
2剤を塗るのは、1剤がベットリ付いた髪の毛に2剤を重ね塗りするので、手間がかかります。
しかし、
洗い流すタイプのカラートリートメントよりは、色持ちが良いと思います。

さて、これから この作業をして入浴します。
今年最後の白髪染めです。
年末年始は、キレイな髪の毛で過ごしたいですものね。
 

今夜は白髪染めしよう


数年前にヘアカラー(染毛剤のジアミン)で、アレルギー発症してから、
なるべく頭皮に刺激を与えないようにと、白髪を染める間隔を引き延ばすようにしていますが、鏡を見てもう限界っ!というくらいフェイスラインも後頭部も白髪だらけに。。。
今夜 入浴前に白髪染めを決行いたします。アラフィフ女子のタシナミだもの。

白髪染めは2種類用意していて、気分で使い分けしています。
もちろん、2種類ともジアミンアレルギー対応の染毛剤です。

ヘンケルライオンコスメティックス マロン マインドカラー B 明るいブラウン 70G+70G (医薬部外品)

マロンマインドカラーは、天然植物性染料配合の染毛剤で、ヘアカラー特有の刺激臭はないのですが、鉄の匂いというのか?独特の匂いはあります。

1剤を塗って15分放置し、更に2剤を重ね塗りし15分放置し、洗髪します。

2剤目を塗る時、ネットリと1剤が塗られた上に重ねるのが、厄介な作業です。
うまく髪の毛をブロッキングしながら塗るの手間なのです。

手間と時間をかけられる時にマロンマインドカラーで染めるようにしています。

シエロ オイルインヘアマニキュア ダークブラウン(100g+3g+10g)【シエロ(CIELO)】

こちらのヘアマニキュア(シェロ)は、マロンに比べると、髪の毛全体、楽に染めることが可能です。香りもフローラル系で気にならないし、
付属品のコームにボトルをセットし、ボタンを押すとコームの根本から染料が出てくる仕組みで、染料の滑りも良く、楽に塗っていけます。
マニキュアでコーティングするので、仕上がりもサラ艶です。

ですが!しかし・・・ マニキュアが頭皮や皮膚に付いてしまうと大変です。
かなり強力に貼り付き、なかなかシャンプーや洗顔では落ちません。

専用のクレンジングジェルは、顔に付いた染料を落とすには使えても、頭皮に付いてしまったら、ジェルを使うのが困難です。
だって、頭皮だけじゃなく髪の毛の根本の染料まで落ちてしまいそうで・・・。

頭皮に付くとですね、、油性の黒マジックペンで塗りつぶしたように、ベタっと黒くなるのですよ。海苔でも貼り付けたかのように。

毛量が多い私でも、フェイスラインである生え際の頭皮に付いてしまったら、
何かの拍子に髪の毛をかき上げたり、風に吹かれたりすると、黒くなってるのが見えて、ギャグですよ。実際、笑われました。

シャンプーの度に落ちていきますが、大事なお出掛けの予定が数日間はない時にヘアマニキュアで染めることにしています。

白髪って、髪の根本から白くなっているのに、頭皮に付かないようにと、頭皮ギリギリ根本を避けて染料を塗るのって難しいじゃないですか。(一番染めたいところなのに)
プロの美容師さんならテクニックがあるから可能だと思い、聞いてみたところ・・やはり難しいようで、たま~に失敗することもあるとか。

そんなこんなで、マロンのヘアカラーとシェロのマニキュアを使い分けして、染めてるしだいであります。

さてと、そろそろ 染めるとします。
今日は、マニキュアで染めます。
白髪よバイバイ👋








カテゴリ
楽天市場
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ