よっコラム☆七転び八起き

よっこらしょっと腰が重いチョットなまくらの子供がいない極楽トンボ主婦です。 晩婚で結婚を機に都会から田舎生活に。アラウンド50のほぼ専業主婦してます。 食や美容健康と装い、マネー、同居生活のことを思いつくままに。

日本ドラマ

懐かしいドラマ見てます 【白い巨塔】

山崎豊子さんの白い巨塔を観てます。入浴していたので録画です。

私は、再放送で 田宮二郎の財前五郎、リアルと再放送で 唐沢寿明の財前五郎を観てきました。
白い巨塔は何度でも観てしまうドラマの一つです。

ドラマも時代に合わせて進化してます。
AIが医師の仕事を・・・とかセリフにあって、現代仕様にアップデートされてるなと思いました。

やはり元祖の田宮二郎氏は印象が強いし、次の唐沢寿明と江口洋介のコンビも良かった。

今回の岡田准一は、なんかピンとくるような こないような。これは慣れの問題かな。役者としても役の年齢的にも申し分ないのだけどね。

愛人役の沢尻エリカは、ピンとこない。
なんというかね・・・セクシーさと したたかさと もう少し知的さも欲しいところかな~ この役は。
あと、もっと良い衣装が良いのに・・・。なんか安っぽい。
演技力の問題だろうか。誰だったら良かったんだろう。。。

里見先生の松山ケンイチは、そんなに違和感ないのだけれど、もっと誠実そうな顔立ちの俳優がイイかな。(好き放題言ってます)

あ、忘れてはならない このドラマの弁護士役。
まだ出てきてません。次回からかな。

全てのキャストが色濃いキャラのドラマだから、勢揃いしてバランスを観ないことには判断できませんね。

東教授も、なんだかなー。娘さん役は良さげかも。

元祖には元祖の良さとインパクトがあって、

2つ目の唐沢、江口、石坂浩二、黒木瞳、高畑淳子・・・
あーーー、大河内教授の品川徹も良かったな。
こちらはそれぞれのキャストが全て良かったかもしれない。完璧だったんじゃ。

あ・・あらあら ちょっと目を離してたスキにドラマが面白く展開してる。
そして続き・・・と1回目が終わりました。

また明日だわ。ばっちり録画してます。

やっぱり面白くなるのかなー。

ドラマは海外派の私ですが、白い巨塔は日本ドラマの中でも別格なのです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

あ!CM変わった

今、洗濯物の干し作業が一段落して、テレビに目を向けると、
ハズキルーペの新CMが流れていました。
私が知らなかっただけかもしれないですが、CM変わったのですね。

松岡修造氏が新メンバーに加わってました。
なんか・・このCMに、とてもマッチしてる松岡氏。
武井咲さんも相変わらず綺麗で。

旧バージョンより新バージョンの方が見ていて楽しいかな。
椅子にハズキルーペを置いて、ミニタイトスカートの女性達が腰を下ろす例のシーンも健在で、
そのシーンを見て、世のオジサンは楽しんでるのだろうか?
😁

今夜は、深キョンの「初めて恋~」の最終回。
毎週 見てました。深キョン可愛さ満載ドラマでしたが、
深キョンを巡る3人の男性のピュアさが楽しめたドラマでした。
どうなるのかな~。。。

録画で見ていた「グッド・ワイフ」の最終回は、
私としては、メデタシメデタシの納得のエンドで、離婚の決断が好みでした。
本家のアメドラも好きな海外ドラマの1つでした。

毎日 朝のニュース・日経モーニングプラスを見てるのですが、
毎回 思うことが、女子アナ達の服装・・・。
なんか、スタイリストさん? もうちょっと洗練した洋服を考えたらイイのに、
と思うのは私だけかな。
天明アナのスカートとか・・・。垢抜けない。

春ドラマは、何を録画しようかな。

何度見ても面白い「結婚できない男」

昨日はAmazonプライムvideoで
阿部寛主演の「結婚できない男」を一気見しました。
見るのは、もう4,5回目くらいです。
大好きなドラマで、つい、また見てしまいました。

さすがに今回は、見ていて時代を感じるものがありました。
10年以上前のドラマですものね。
携帯電話は皆ガラケーで、服装なども若干ですが古さを感じました。

なんだか共感できるのですよね 私は。
主人公の桑野さん(阿部寛)に。
晩婚で結婚した今の私でも大いに共感できてしまいます。


「人が金持ちかどうかは収入の額じゃない
自分で自由に使える金、つまり可処分所得がいくらあるかで決まる」

「好きなときに好きなもんが食えるのが独身のいいとこだろ」

「結婚なんかしたら、親や親戚とのつきあいが単純計算で倍に増える。
自分の分だけでも面倒なのに」

数々の名言・・ほんと その通りです。

夫の収入で生活してる私ですが、
もし男性として生まれてきていたなら、結婚してなかった気がします。



カテゴリ
楽天市場
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ