よっコラム☆七転び八起き

よっこらしょっ!肩の力を抜いて日々の雑感をつづります。 アラウンド50の子供のいない専業主婦。時々、家業手伝い。らくちん主義です。 アラ50ならではの美容健康と装い、ラク家事食事、夫、同居のこと。お金。 田舎生活、都会で息抜き、そんなことを。

報道

偉いオジサン達というのは・・・

また政治家の失言ですが、
桜田大臣(五輪担当相)の発言・・・。

立憲民主党の蓮舫さんが、麻生大臣に、ウンザリ。桜田大臣に、もはや論外と。
ホント適切な感想です。

息を吐くように、あのような発言を人前で言う神経というのは、
それが本音だからということでしょう。

あの偉いオジサン達というのは、そーいう生き物です。
そういうオジサン達は、例外ではなく身近にも生息してるな、と思いました。
オジサン達だけとは限りません。

今の日本の層のボリュームゾーンは、ああいった人達で、
ああいった人達中心で回ってるのが、今の日本なんですよね。

年長者を敬え、って当然のように思ってるのでしょうけど、
あれじゃあ、敬う気持ちになれませんよね。

案外と、偉いオジサン達のことを非難してる高齢者にしても、
全てとは言いませんが、あなた達だって同じ感性でしょ、と思うこともシバシバ。

もはや論外ですし、正直 ウンザリです。

私の好きな女子アナウンサー

朝の時間帯は、

かわいい夏目三久

あさチャン!の夏目三久さん。
好感を持って安定感で見ていられる。
意思の強そうな顔立ちなんだけれど、
可愛くて、年相応な癖のない語り口が良いのかな。
平日の朝、ほぼ毎回お目にかかってます。

「女子アナ 膳場貴子」の画像検索結果

元NHKの膳場貴子さん。
この方は、なんか見てしまう、気になるというのか、
ほのかに色気を感じるのですよね。
東大卒といことで、とっても知性ある女性なんでしょうけど、
女っぽさを(良い意味で)感じるのです。

私の一押しは、


ワールドビジネスサテライトの大江麻理子さんです。
清潔感、誠実そう、上品な雰囲気を醸し出しています。
なんか、ホッとするような、
素敵な女性ですよね。
画像が大きくなってしまいました。。。

あと・・・ちょっと苦手な感じというのが、

「天明麻衣子 画像」の画像検索結果

BSジャパンの日経モーニングプラスの天明麻衣子さん。
ニュースを読んでるときの引きつったような表情や語り口が苦手なんです。
正確やキャラクターは知りませんから、それだけの理由なんですけど。

あと、アナウンサーではないですが、
同じ理由で苦手っぽいのが、


国際弁護士の山口真由さん。
なんか苦手かな。。。
どうしてだろ。

ただ、皆さん、さすがに美人ですね。
知的で、天は二物を与えるのですね。。。

そうそう、これこれ。今回の小室さんの文書の炎上は。

ダイヤモンド・オンラインの記事


こちらの記事を読んで、
そうそう、これよこれ!!と大きく頷きながら読み終えた。

この記事文中の(1)~(3)まで同意します。

出してもらったお金を返済しなくても良いのだという理由を
知りたいのでは、無いということ。

余裕の少ない中から、小室さんの学費のために、お金を工面してくれたこと。
お金を工面してくれたことで、現在の経済状況が不安定であること。
そのことへの配慮や感謝が感じられない文面だった。

無意味な空中戦 小室圭さん

小室圭さんの公表文書を読んで、
国民から理解を得られるか、どうか、というよりも、
元婚約者から絶対に反論が出るだろう、
と誰もが思ったでしょう。

何故、このようなことになったのかと原点を考えると、
相手方が、援助したお金の返済を望んでるからということ。
もし相手が、援助したお金は、差しあげたもの。という考えだったなら、
ここまでの問題にはなってなかったと思う。

交際中の金銭の享受に関して、贈与かどうか、ということに関しては、
分からないけれど、
お金を出した側が、返して欲しくて、こうなってるのだから、
返済してもらえるメドがたたない限りは、納得しないと考えられるのだが。

ここまできて、思ったことは、
秋篠宮家が眞子様と小室さんの結婚を認めようとするなら、
水面下でひっそりと、お金の肩代わりをするという方法がとれないことは無いと思うのだけど。
公費からではなくとも、何千万という額じゃないのだから、私的なお金から捻出できないことは、ないと思います。

要は、結婚を認められない、破談にしたい意図なのでは?と。

小室さんに返済の意思がないことは明確で、
返済しない限り、解決にはならないワケで、
現在の小室さんに返済能力がある訳ではなく、

それども結婚したいという二人の意思を認めるならば、
秋篠宮家側が水面下で返済する方向にコトを運んでいく手段もあるわけで、
そのようにコトが運ばれてない、ということは、
破談へ誘導してるとも考えられるのだけど。
邪推過ぎるだろうか?

小室さんが自滅・自爆するように、進められてるように見える。

だとしたら、いくら皇室の体面があろうとも、
そんな面倒な段階を踏ませずに、
認められないものは、認めないと、
娘である眞子さまにも、小室さんにも言い渡すべきだと思うのだけど。
そうは、簡単にいかないものなのか・・・。

ここまできて、お代替わりも近づいてるというこの時期に、
皇室の金銭トラブルの報道を目にするのは、
なんとも興醒めというか、
もう速やかに解決して頂きたいとも思ってきてるのは、
私だけでしょうか。

贈与されたお金だろうが、借金だろうが、
この場合、各々の立場を鑑みて、返済すべきでしょう。

芸能人報道 ビートたけし

ネットニュースなどで、ビートたけし氏の本妻との離婚調停の報道に、

夫婦のことは他人には、計り知れない。
報道内容の事実・真実の正確性。
この2つを抜きにして、無責任な立場で言わせてもらえば、

私が本妻の立場であったら、ビートたけしとは離婚するけどな。

ネット上のコメントなどでは、
糟糠の妻を捨てて、愛人と一緒になるなんて、
という内容のコメントが多数あったようだけど、
その糟糠の妻が、生きてる限り充分な生活が出来るものを与えた、
又は、与えられるわけでしょ。

そう言うと、お金の問題じゃない、という意見が出るのだけど、
じゃあ、何なんだろう。愛情の問題?
少なくとも、たけしの愛情は、愛人に気持ちが行ってるだろうし、
本妻との関係は、もう終わったのだったら、
形だけの夫婦でいようとは、私なら思わない。

これが、たけしではなく、一般人でサラリーマンであれば話は別になるが。
その理由は、やはりお金で、離婚の経済的リスクを考えると、
その後の生活の安定が保障されなければ難しいと正直思う。

しかし、ビートたけしの資産ですよ。(いくらかは知らない)
財産分割、慰謝料と想定しても、1億、2億って額じゃないわけでしょ。
ビートたけしが亡くなった場合、子供や孫(養子縁組してる)にも権利はあるのだし。
夫婦じゃなくなっても、親子の関係は切れることはない。

糟糠の妻として、若い頃からのビートたけしを知ってるのなら、
尚更とも思う。
何の理由かは知らないけれど、本妻の意地とか、
そんな理由だったら・・・。
それこそ、がめつさを感じる。オンナとして惨めだ。

たとえ、不義理なことであっても、
糟糠の妻としての恩情は充分に与えてもらったとは思えないのだろうか。
人の胸の内は分からないけれど、
それとも、諸々の手続きが面倒過ぎるからだろうか。

私だったら、自分に愛情がなくなった夫とはキッパリ別れて、
自分の老後の人生を楽しんで行こうと思うけれどな。
沢山、財産貰ってね。当たり前でしょ。








楽天市場