よっコラム☆七転び八起き

よっこらしょっ!面倒なことが嫌いなラクチン主義です。 アラ50の子供のいない時々家業手伝いの専業主婦してます。 アラ50の美容健康と装い、食に夫や同居のこと。マネー。 田舎生活、都会で息抜き、そんなことを。

田舎

ムカムカがとまらない ٩(๑`^´๑)۶

人から何か言われたことで、その時は、キョトン?としてしまい、咄嗟の判断が頭に浮かばなくても、
後になって思い出すと、ムカムカーっつとなることってないでしょうか。
それは、頭の回転の悪い私だけかな。

いえ、その時も言われたことは、聞こえてるのですから、分ってるのですよ。
でも、それをここで言う? 私に言う?という思いが先に立ち、
何故?と一瞬 考えてしまうのですよ。
言われる理由というのを。。。。。

そんなことが、同じ人から何度か繰り返されると、
まぁ、はっきりしてることは、その人は私のことが嫌い、気に食わない、ということなんでしょうけど、
私が、その人に食らいついたり、すり寄ったりしてるワケでもないのに、
いちいち、言葉に出す真意が理解できない。

あーーームカつく。

田舎暮らしの良いところ

田舎はね、美しい自然が豊かで、空気はキレイ、食べ物は安くて美味しく安全で、人も素朴で温かい。

なーんてことは、私は絶対言わないし思ってません。

でも、この田舎に越してくる前までは、そんな風に思い込んでいたかもしれません。
それは、人の勝手なイメージや思い込みとは、そんなもの(いかに事実とのズレがあるか)かもしれません。
経験してみなくちゃ解らないことです。

私は、そこそこの都会が好きなんだって、住んでる時には実感ありませんでしたが、
離れて田舎で暮らすようになってから、自分で自分の好みを知りました。

自分という人間を考えてみると、それは自然なことです。
面倒臭いことが大嫌いで、不便は苦痛で、腰が重くて、
明るくて綺麗に整った街並みが好きなんですから。

では、都会に住む人が、洗練されてるかとか 文化度が高いのか、と言えば、
平均的に皆そうです、とは言えなく、
人口の数だけ色んな人がいて、生活も様々ですから。

要は人なんだと思います。人の資質とでも言うのでしょうか。

田舎に居るのが勿体無い。専業主婦にしておくのが勿体無い。
そう思える人だって田舎にはいます。

これまで私の記事で、田舎に否定的なことを書いてきたと思います。
ちょっと今回は、田舎暮らしの良いところ を考えてみたくなりました。

前提条件は、私個人の視点です。出生・出身地としての田舎ではなくて、
アラフォーの頃に都会から田舎に越してきた子供のいない嫁目線とでもいいましょうか。

【田舎暮らしの良さ】

着るもの、身につけるものが、最低限の常識と暑さ寒さがカバー出来ていたならば良しということで、ファッション代が節約できる。

外食する場所がないので、必然的に家での食事が多くなり外食費が節約できる。

昔からの知人がいないので、腐れ縁的な人間関係の煩わしさがない。

孤独を感じた時、
都会での孤独よりも田舎での孤独のほうが、慣れると楽ということ。
そもそも人口が少ない、同年代の人間が少ない、お年寄りばかりなので、
孤独でもけっこうという気持ちになります。

田舎暮らしでの気付きがあったこと。

それは、都会の多彩さや便利さを再確認できたこと。

同じ日本で今の時代でも、田舎の集落によって、遅れた考え方が常識としてまかり通っているという現実を知ったこと。
そしてそれは、都会でも どこでも 高齢化社会のうちは、組織でも共通してるということ。

あれ?田舎の良いところから、ちょっとズレてしまったかな。

住めば都といいますが、すんで7年になろうとしても、こんな感覚です。

あは。

田舎のスーパー事情

独身時代、大抵の物は徒歩10分圏内で用が足りる街の中心部で生活していました。
20年以上そんな便利な環境で生活していると、自然とそれが当たり前になっているものです。
休日にお散歩がてら百貨店に行って買い物をするような。。。

田舎に越して生活するようになって、やはり買い物は不便でした。
買い物だけじゃなく、皮膚科、ギックリ腰になった時の整形外科への通院も 美容室も。
金融機関は、家の向かえに郵貯があるのと、ネット銀行をメインに利用してるので不便はありません。

農協系の小さなスーパー1軒、コンビニ3軒、
個人商店のお肉屋さん1軒、お魚屋さん1軒、
同じく個人商店の時計屋さんと金物屋さん、衣類店、靴店、薬屋さんのみです。
あ!ケーキ屋さんも1軒あります。

個人経営の商店は、お魚屋さんとお肉屋さんを除いて、
ほとんど利用することはありません。
その他の個人商店は、いつ店を畳んでも不思議じゃない品揃えで、
買いたいものが無いのです。
お店も土地も経営者の持ち物なので、在庫を陳列してるだけの営業に見えます。
田舎は当たり前に車社会ですから、車で市街地まで出て買い物する人が多いのです。

ドラッグストア、百円ショップ、ホームセンターは、無いです。

私は、食品の買い出しは地元のスーパーに月2~3回、
市街地での大手スーパーに月に2~3回といった感じです。

日用品は、ネットか市街地のホームセンターです。
調味料も、地元のスーパーで買えないものは、ネットで。

ネットでポチっと出来るだけ、便利な世の中になってますよね。
欲を言えば、美味しいパン屋さんがあったらイイのですけど。
無いものは仕方無いので諦めます。

お肉とか魚介類は、ふるさと納税を利用して地場の美味しいものを入手できたらいいのですけど、
義父が財務・会計を明らかにしてくれないので、利用できてないのが悔やまれます。
ほんと、いい加減にしてもらいたいのですが、残念です。
自営なのに、利用できるメリットを活かせないなんて・・・。

ここまで記してきて、田舎生活の不便さというより、
何でも仕切り続ける義理親との暮らしの不便さと理不尽さの方が大きいことが明確に再認識してしまい、
腹が立ってきたので、これで終わりにします。

モヤモヤ~~😤
カテゴリ別アーカイブ
PVアクセスランキング にほんブログ村
楽天市場