よっコラム☆七転び八起き

よっこらしょっと腰が重く 楽ちんを愛する田舎暮らしの50代主婦です。 結婚を機に都会から田舎生活に。 50代ですが晩婚なのでベテラン主婦には程遠く、 試行錯誤を繰り返しながら 自分らしい暮らしスタイルを模索中です。 美容健康装い、食や家事、家族関係など 日々のつれづれを 思うままに綴っています。

話題の書物 【女帝 小池百合子】 読みました

今 話題の本 【女帝 小池百合子】 を 1週間前に 読みました。


女帝 小池百合子【電子書籍】[ 石井妙子 ]
女帝 小池百合子【電子書籍】[ 石井妙子 ]

本の内容は ネットニュースなどで 多くの人が記していますので、私の拙い あらすじ説明なんぞは 割愛します。

私の読後の感想は、アッパレ だわ。 です。


小池氏の学歴詐称問題については、
今更 どうこう言ってもねぇ、 と 正直 思っています。

さすがに 首席という言葉は・・言い過ぎ 盛り過ぎよねぇ ですが、
真偽が どうであれ、
これまでの小池氏の キャスター 政治家 都知事という経歴のステージごとに
小池氏を 引き立て 指示する人が 一定数いての 現実の立ち位置と 考えると
やはり アッパレ と 思っちゃうのです。


それよりも 興味深いのは、
エジプトという国が軍閥独裁国家であり、
小池氏が 卒業したことになっている カイロ大学、
大学の権力を握っているのは 軍であるという  日本や その他の先進国では 理解し難い
軍と国と大学の関係と お国柄に 驚きが深いかな。

知らなかったことを 知ることが出来るのも 読書の楽しみの一つですね。

小池氏の卒業を カイロ大学が 認める声明を発表したということは、
日本がエジプトに 弱みを握られてるようにも感じられて、
んーーー、小池氏には 総理大臣には なって欲しくないな と 咄嗟に思いました。


エジプト

 
小池氏の、時流と世間が求めるイメージに応えた
自己ブランディング 自己プロデュース能力の高さには 
誰もが 認めざる得ないでしょう。 まことに アッパレです。

過去の都知事選出馬の時の選挙対応も 演出も、他の候補者とは比較にならない程の 巧みさでしたよね。

小池氏には、(たまにいる) 世間のニーズと乖離した 自己プロデュースを やらかすような トンチンカンっぽさが 無いのです。

小池防衛省大臣誕生 | kaizinBlog

1702130557_1 ← たまに いる トンチンカンなファッション


1435 小池百合子元防衛大臣、応援に! : 衆議院議員 井上信治の活動報告 12月11日 小池百合子 元 環境大臣と 片山さつき参議院議員が応援に ...


かなり昔に 目を通した読み物で、 → 著者は 忘れてしまいました
小池氏は 耳のイヤリングに触れる時、小首を傾げ、
触れる耳と 対極の手で (右耳だったら 左手で) カメラが向けられるタイミングで
イヤリングに触れる動作を 行うこと を 記してるのを 目にしたことがあり、私の記憶に残っています。

右手で右耳に触れる所作よりも、腕が身体の前で交差してる方が 絵面として 美しく ほのかに色気が あるからです。

元キャスターですからね、 人目につく仕事に就いていた女性なので、
そのへんのことは 呼吸するように 自然に振る舞えるでしょう。

小池百合子の若い頃が超美人!ミニスカ姿が無敵?20代から美脚だった

【女帝~】を読みながら それを思い出し、小池氏の手で耳に触れる仕草は 小池氏の 一事が万事を 物語ってる と 感じました。


コロナ禍の小池マスクも 記憶に新しいですね。

私は 個人的に 小池氏のジュエリー使いに 好感を持っています。
さすが 芦屋のお嬢さんだなぁ なんて、思っていました。

芦屋と言えば、女帝本に記されていた
小池氏の家庭環境 (両親 特に父親の性格)、
経済状態 (一般的なイメージの芦屋のような 裕福な経済状態では 無かった)
育ち、顔の痣  → 詳しくは 本を お読み下さい
・・そのような背景を持ち、

並外れた上昇志向、機を見るに敏な機転の速さを 持ち合わせ、
当時の男性優位社会を 泳いで 昇るには・・・・・モンスター? 女帝??  小池百合子的人格が仕上がっても 不思議では無い気もしました。

だからといって、誰でも 彼女のようになることも なれることも無いとは思いますがね。

一人の女性のストーリーとして読むと 面白い本でした。

おそらく 都知事に 再選するのでしょう。。。 この辺りで 小池劇場は 幕を閉じて頂きたいものですが。。。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

私に娘がいたなら「 ◯◯しなさい 」って提言するけどな

暑くて  オヤツに ガリガリ君を ガリガリ食べています。
 
夏の氷菓子に ガリガリ君って 最適◎ じゃないかな と 私は 思っています。
ブログ書き始めが 16日の午後です  

甘すぎなくて 後味サッパリしてるし、割と どこにでも売っていて お値段が優しいし。
クリーム系より 氷系なんだよなぁ。暑い日は。

本音は カキ氷を 気軽に食べたいです。

しかし、テレビで見るような お洒落で 美味しそうな カキ氷専門店なんぞ この田舎近辺には ありゃしない。

ほうじ茶とか 白玉入りとか 美味しそう。。 いいなぁ 。。。

ちなみに 今 食べ終わったのは、

大人なガリガリ君ゴールデンパイン(棒)

パイン味が しっかり濃厚で 美味しかった (*^^*)

ガルガリ君シリーズは フルーツ系が好きで、見つけると 必ず買うけれど、
たまに・・・卵焼き味 なんてのを見かけると、買う人って いるのかなぁ? と思ってしまう。

嗜好は 人それぞれですが、アイスキャンディーに 卵焼き味は 求めないよなぁ 私はね。。

***** ***** ***** ***** *****

話は 本題に入りまして。

一つ前の記事だったかな? 久しぶりに 嫌悪感 満載の芸能ニュース・・そんな記事を書きました。

グルメ芸人さんと 美人タレントさんの ご夫婦の件です。

現段階の雰囲気ですと、
佐々木希さんは、離婚するような感じは 無さそうですよね。 今のところは ですが。

夫婦の問題は 外野が とやかく言う問題では無いと、私も そう考えます。

たとえ世間では どう評されようが、本人が良ければ それで良いし、ということです。

しかしながら・・・、

私が、全く自分とは関わりの無い人を 責めたり 評したりする立場には 無い のは、重々承知で 申しますと、

こんな男性と 家族として 今後も生活をともにするという選択など 有り得ない。


アラフィフの年齢になってからの私は、何かのニュースを知るたびに、
もし自分の子供が 彼や彼女だとしたら・・目線で、考える癖がついてしまったのですが、これが老いというやつ?

もし 私の娘が  佐々木希さんの立場だとしたなら
娘には 離婚することを提言するだろう と 考えるのです。

いくら 自分の子供でも、子供の家庭問題のことに 親が口出しし 親の考えを押し付けるのは ヨロシクナイけれど、
この問題に関しては、私が親だったら 絶対に 口出し してしまうでしょう。。。


いわゆる不倫が 浮気が 許せない というのでは 無いのです。(賛成は しませんが)

異性問題ウンヌンよりも、人としての人間性に 嫌悪してしまうのです。


あのような場所を そういった目的で使用する 倫理観の無さと 衛生観念。

それから、相手の女性の神経も 分りかねますが
(好きだった??? にしても、複数回も 誘いに応じる愚かさ 判断力の無さに対して)
渡部氏の 女性に対する モノ以下の蔑んだ扱いは、
人を見て(見下して) 相手によって  ゾンザイな扱いが 平気で出来る人間 は、欺瞞に満ちたゲス人間と 判断します。

世間に公表される前に 先手を打つかのごとく 活動自粛した行動も、
自己中心的な アザトさを感じて 卑怯な人間と判断しますし。


倫理観が欠落し 裏表が激しく 自己中で あざとく 欺瞞に満ちた人間を
人生のパートナーとしても 子供の親としても、 良いわけが無い。
そう私は 考えるのです。

そもそも 私が 娘の親だったら、
そういう男性を 伴侶として 受け入れてしまうような感性を 娘に持って欲しく無いでしょう。。。


もっとドライに考えると、
50近い年齢にして、こんな醜悪な件で 仕事を干された男性と、
10歳以上若く美しい女性が 結婚生活を続けていく メリットって あるかしら と考えます。

ただね・・・佐々木希さんが どういう方か 分らないので、何とも言えませんが、
似た者夫婦とか、夫婦 同じような人間性としたなら、伴侶として 成立するケースもアリかと。

んーーー、渡部氏って 病気なのかなぁ?
ところかまわず  ・・人が いつ来るか スリルを楽しむ 性癖とか? 
サッパリ理解できないけど・・。
しかし 病気だとしたなら・・・治療案件か・・・。

思うよりも 早く 仕事復帰したりするのかな。。。 この件に関しては 受け入れ難しだわ。
人の本質は そうそう変わらない 。

人って、人であるがゆえに
順調な時、舞い上がったり 高慢になったり 驕ったり 少なからず あるものだけど、
なんだかな・・・ゲスだし ダサすぎ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ 


母親的自慢 子供から こんなに大切にされてますは・・・

昨日は 母の日でしたが、
私が 姑へと ポチして注文してた 母の日プレは まだ届いていません。 

案の定です。 ポチした日付が 確か 5月5日だから  この記事からすると

こちらは田舎だし、昨今の配送業者さんの状況からにしても、母の日 到着は 無理からぬ。。。

実家の母親には、日にちに 余裕を持って 注文してあったので、
母の日当日に マッサージ クッションは 届いていたようです。 
熊本産のスイカも注文していたけれど、スイカは まだ届いてないみたい。。。

そのうち 確実に届くだろうから、
配送業者さん 急がなくて 良いですよ~~。
と、言って あげたいです。

物流ドライバーの皆さん かなり 疲弊してると ニュースで 知りました。

なぜ 国や自治体のトップは、不要不急の宅配便・郵送物は 今時期は控えて下さいと 指示してくれなかったのか・・・と。

そっかぁ。 それも そうだよね。

時間指定の宅配、遅延のクレーム・・・大変な ご様子です。

ドライバーさんの 人手不足に 感染リスク、そして 感染リスクを恐れる他者からの コロナ差別・・・。


私個人の買い物ポチは、今時期 控えてますが、実家への 贈り物は ためらわず ポチしてしまいました。

姑の母の日プレは、正直 迷いました。 
あんな 姑の為に、ドライバーさんの お手間も、私の出費も 増やしたくないわって。

でもな~~・・・っと、

家族や他者から、大切にされてる自分に 酔いしれたい人ですからね。

高齢者としての コロナ不安も あるだろうし。。。

そう思って、ささやかな物を選ぶことにしたのです。 


*******************************

昨日から 他者様の 母の日 記事を読んでますと、
お母様ブロガーさんの皆様 ・・・・・それぞれの母の日の ご様子です。

お子様の個性、親子関係は、その人、その家庭で 違っていて 当たり前だから、
母の日だって、それぞれで 当たり前でしょう、と 思うのは、私が母親じゃないから かな。

男性は 特に、母の日に 感謝の気持ちを・・・って、照れくさい人 多そうだな。


極端な言い方ですが、
母の日の今日(昨日でしたが)  家族皆が 元気でいたなら それだけで充分
だなんて、コロナ禍を経験してこそ 思うようになった 人も多いのでは。。。

それは そうと 分かっていても、求めてしまうのも人間なんですが。


私は 母親じゃないけれど、人の子では あるので、
育ててくれた 自分の親に感謝し、大切に思うなら、
親を 嬉しい気持ちに してあげる、喜ばしい気持ちに してあげる ことを
たまには 言葉や態度で示してあげることは 大事なこと と 思います。

親子だって 人間関係ですもの。
 
いい年になったら、それぐらい 理解れよ って、
大人風を吹かして (笑) 言える相手が いたなら、甥っ子とか 後輩とかでしたら・・言っちゃうかも。

ベストタイミングは 父・母の日ですが、その日に 拘らなくたって 良いとも 思います。


私は、世の母親から・・・(というより、姑から)

「あら そりゃ  良かったですこと」 「そりゃあ よう ござんした」

と、心の中で言いたくなるような 話を 聞かされることって ありますよ。


世の母親が、嬉しさのあまり

子供が こんなことを してくれた とか、人前で 言いたくなる 気持ちは、理解できるんです。

それだと、「まぁ 良かったですね~」 と、自然に 口から出てきます。

中には、明らかに ちょっと自慢してる? とも 受け取れることも あります。

んーーー、ほとんどが 嬉しさのあまり・・・なのかな。

わからないや。

ただ、
良かったね~ と、 そりゃあ よーござんした と、
2パータン どちらかの 感情が 発生することは 確かに 私の中に あります。

良かったね の 逆の感情は、嫉妬なのか?  私は ちょっと違うかな。

いや 嫉妬なのかな。

記念日や誕生日を 忘れず祝ってくれる ご主人、
高価な商品を プレゼントしてくれる ご主人、
母の日に 言葉や 花束を贈ってくれる お子さん、
素敵ですよね。

ん・・・やっぱり 私は子供がいないから・・・いたとしても、
夫に求めることと、我が子に望むことは 別物かなぁ。

はなから、求めなければ・・・なんてこと無いのだけど、
求めない自分に なろう とするのって、難しいし、寂しい かな。

なんか 話が まとまらなく なってしまいました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ
楽天市場