よっコラム☆七転び八起き

よっこらしょっと腰が重く 楽ちんを愛する田舎暮らしの50代主婦です。 結婚を機に都会から田舎生活に。 50代ですが晩婚なのでベテラン主婦には程遠く、 試行錯誤を繰り返しながら 自分らしい暮らしスタイルを模索中です。 美容健康装い、食や家事、家族関係など 日々のつれづれを 思うままに綴っています。

お年玉 振込完了

今年は・・2020年は  春先から コロナ コロナの1年で、
世界各国の人々が、否応なしに 今までとは 違った ライフスタイルとなった 1年でしたね。
  
生活スタイルが 変化したことで、考え方や 思考も 変化した人は 多いのかなぁ?と
思ったりしますけど、
私思うに、 そんなに人は 変われるものでも無い とも思ったりして。。。
田舎の変化を嫌う人達に囲まれて 暮らしてるから 尚そう思うのかもしれません。

人生の QOLが向上する変化と 見極めたなら、柔軟に対応できる 自分でありたいと 考えてます。

natural-cosmetics-3397277_640


2日前の先日、自分のノートパソコンから チャッチャと 私の実の甥っ子達に お年玉を 振り込みました。

甥っ子達とは、私が田舎に嫁いでから・・もう7年以上 会っていません。

それまでは 毎年1回、年末年始には 実家で顔をあわせていたのですが、
ここんちの家業の行事やお勤めが 年末年始にあるため、世間様の休日や連休に 帰省することがなくなり、
実弟は サラリーマンで、祝休日に 実家に帰省してるので、タイミング的に 私と弟家族が 会う機会が なくなったということです。

そうなってから 甥っ子達への お年玉や 進級祝いなど 書留郵便で送るようになってました。

しかし、
今年の春からは、甥っ子達が 進学と就職で 彼らの故郷を離れたことと、
もういい加減、叔母の私からの金一封の使い道は 彼ら自身が管理すべきだろうと、
進学祝い、就職祝いを 甥っ子 長男、甥っ子 次男の それぞれの口座番号を聞き出し、
私の口座から 彼らの口座に 直接 振り込むことに しました。

親元を離れてからの お金の管理は、マネーリテラシーを高める 初歩なのよ という思いを込めて・・・

何に関してもですが、人は 経験を通して 学んでいくことが多いのだけど、
お金の考え方も これもまた 個性や性格、経験に左右されてしまうのかな。。。

私も沢山 無駄遣いしたものなぁ。 
今になって 失敗は無くても(失敗できる余裕も無いけれど)、モッタイナイは たまに あるし。

まぁ、自分の子供じゃないけど、甥っ子兄弟は 私の血縁の子で やはり可愛いし、
彼らには より良い人生を歩んで欲しいという願いが あります。

叔母からは 大層なことは 何もしてあげられないし、何かを 教えてもあげられないですが、
まだ若い彼らが 喜びの多い人生でありますようにとの 願いがあるのよね。

色んな思いと願いを込めて お年玉を入金した後は、
今年 最後の自分の使命を果たしたような感覚に なります。→ 大げさな奴です はい。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ


秘密と不公平

よく、 
長く生きていれば 人に言えないことの 一つや 二つ 誰しも あるものだ
なんて 聞いたことが ありますよね。

んーー、私は・・
あると言えば ・・・無いことは無い かな。

これを お読みになってる 皆さんは そんな秘密 ありますか?

私の場合、過去の自分の恥は 恥として 受け入れているので
絶対に 人に言えない程の・・秘密 など、あまり思いつかないです。 羞恥心の感じ方の度合いの問題なのかなぁ。
 
せいぜい
この人には言えても、あの人には 知られたくない とか。

あと
これを人に言ったら  〇〇さんにまで 迷惑が及んでしまうから 今は言えない とかね。

良くも悪くも たいしたドラマの無い人生だからか はたまた 平凡以下の つまらない人間だからか
この秘密が知られたら、今後の人生が暗転してしまう などという類の 大それた秘密は 私には無いと思ってます。

そんな私でありますが、
意外にも ひょんなことから 他人様の秘密を 知ってしまうことが あるのですね。 誰しも あるか。。。

まぁ、他人の秘密と言いましても、私の身近にいる 他人ですから 一般人であるわけで、
仕事上の立場や 家庭内での立場が危うくなる とか 人から 軽蔑される とか
もしかすると 犯罪に抵触するかも・・・そんな程度なんですが、
その人の人生においては やはり、致命傷 汚点となることだったりします。だからこそ 知られたくない秘密と 言えるでしょうから。

news-4927976_640


そんな他人の秘密を知る時って、
先ほど 私は 【ひょうんなことから 知ってしまう】 と記しましたが、
知り得ないはず・・・では 無いので、表現が間違っていまして  笑  知るべくして 知ってしまうので


なんか 変! おかしいぞ? という嗅覚とでも言いましょうか。 ほとんどの事象には 理由が あるものですしね。 
おかしいな・・・あー、そういうことだったのか みたいな。。。

更に言い加えるなら、
知られると 厄介では あるけれど、そこで 噂の範囲が とどまるなら 致命傷には まだ 至らない段階であったりするのです。

これが くせもの なんですよ。 知ったがゆえに 恨まれる。

知りたくて 知ったわけでも無いのに、目の敵にされ いわれのない攻撃を受けてしまうのですから。

人に知れたら 立場が危うくなる困った既成事実を 作った本人は あなた でしょ。 のはずなんですが、


知られた人間が、自分の不都合な事実が広まる前に、封じ込め作戦として やりがち なのが、
秘密を知った側の人間を 潰しにかかるのです。


人間関係が 崩壊する きっかけの 一つでも あります。

自分のことを暴かれる前に、相手の何某かの件を 悪意を込めて話しを 盛り盛りにし、
密かに ネガティブキャンペーンして 外堀を埋めるのです。

暴露される前に、相手をネガティブキャンペーンで 孤立させ 潰してしまう作戦です。

周囲の人たちが ネガティブキャンペーンに 気を とられますから、好都合なんですよね。

やられたらやり返す・・・じゃないですが、
多くの人に マイナスイメージを 持たれてしまうと、味方は少なくなり 場合によっては 孤立してしまうので
仕返しどころじゃ なくなる可能性が大きいです。

数や圧の原理で 負けてしまうのです。

どこかの アングラな芸能記者のように、秘密を暴かれたくなければ・・・・・と
脅したり出来るような 人間だったら 別でしょうが、普通の人なら 難しいでしょう。


正義が勝ち 悪が滅ぶ なんてことは、現実では 起こりえないから、
勧善懲悪ドラマのニーズがあるのだろうか? 現実世界も 勧善懲悪だったら良いのですがね。。。


そうそう、タイトルの趣旨から 少々 逸れてしまいますが、
世の中には、許される罪人が いるじゃないですか。

同じ罪を犯しても 許される人と そうじゃない人がいます。

その違いは 何で決まるのでしょうか?
まぁ、あの人のことだから ・・ 元からの期待値が低いから?

彼・彼女のこと とても信用してたのに  ・・ 元から期待値が高いから 裏切られた気になるのか?

まぁ理屈はどうであれ、人によって風当たりに違いがありますよね。


それと ですが、
人というのは、自分が思いたいように 解釈する 傾向も多々あります。
身近なケースですと、 うちの子に限って・・・が そうでしょう。
熱心な信者というのも、教祖様に 絶大なる信用 信頼を寄せているケースが多いし。

実際 ブラックな事も ホワイトに脳内変換されるのでしょうか 的な。。。

わりを食う人、得する人
罪にならない人、罰せられる人

不公平な世の中は、ホントに最後まで不公平なのかしら。。。

どこかで 勧善懲悪ストーリーを期待してるオバサンの 戯言でした。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ


老人の嫉妬は・・・

【私は 人に嫉妬したことが無い】 この世に そんな人は、 おそらく いませんよね?

昔の自分は、そのことに嫉妬したけれど 今の自分は そんなことに嫉妬しなくなった。 だったら、あるかな。 
様々な経験を重ねていくうちに  自分を知って 過去の嫉妬対象が 今の嫉妬対象では なくなることは あるでしょう。

人って なかなか・・自分のことなのに 自分のことを わかってないことが あります。
自分が快適な状態は どうなのか? 自分の求めてるモノ・コトは 何なのか? 

そう考えると、年齢を重ねるごとに、自分のことを知る機会は 増えていきますから
嫉妬の感情を うまくセルフコントロール出来るようになるもの かもしれません。

嫉妬って、 決して美しいとは言えない感情だと思うのです。
刺々しくて、表情も心持ちも・・なんでも かんでも 歪めてしまって・・・

自分の力で うまく 嫉妬の感情を 消化 消火 昇華 していきたいものです。


wine-1495859_640


先ほど 私は、年を重ねるごとに・・・・・・と この記事で述べましたが、
ところが です、
世間から高齢者と認識される人が、自分より 若い同性に
対抗心を燃やしたり 嫉妬の感情をあらわにする 高齢者が たまに いたりするものです。
 
高齢女性にも 高齢男性でも いるでしょう。

おばあちゃんと 孫くらいの年齢差になると、さすがに それは 無いだろうと 思うのですが、
2まわり半くらいの年齢差、親と子くらいの年齢差では、あるものなんですねぇ。 人によるのですが。

これはね・・・される側からすると、
生きてきた時代も違い、見てきた風景も違い、感じてきたことも違い、学んできたことも違い
何より 2まわり以上 歳が離れてると 容姿・外観の衰えから 体力だって 当然 違うわけだから、
双方 重なりあう部分は ほとんど無い人間から キリキリとした どす黒い感情を向けられても
正直 理不尽で気持ちが悪いのだけど、どうしようもないので、苦痛を感じながらも スルーして スルースキルを習得してしまうと
醜い哀れな老人に見えてくるのですよね。

私は 今、同居している 姑を思い出しながら この記事を書いています。 ( ̄∇ ̄;)
鈍感力を発揮して スルースキルを習得しても やはり 嫌な気分になりますがね。。。

私の何かが 姑に ささるのでしょう。
  
ただ、 老人の嫉妬は醜く哀れなり。

現在 私は50歳。 自分が思うよりも早く 高齢者と呼ばれる年齢になる時がくるのかもしれません。
老いからくる劣化は仕方無いにしても、心からくる劣化で 醜くは なりたくないです。
哀れな老女に 私は ならないぞと 自分で戒めようと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 
カテゴリ
楽天市場